メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

行列ができる「遺影撮影会」!? テレビでも話題の美しすぎる遺影が人気

いま「最高に美しく撮れる」と人気の、とある写真サービスがあります。
「終活」という言葉がブームになって10年ほど。身の回りの整理を始めると同時にシニア世代の多くが真っ先に取り掛かるのが遺影撮影です。「これからの人生よりも今が一番美しいから今のうちに遺影写真を撮影しておこうかな」と思うシニア世代は多いもの。そんな遺影撮影。せっかくなら最高に美しい写真を遺したくありませんか? いまテレビでも話題になっている「美しすぎる遺影撮影」をご紹介します。

行列ができる「遺影撮影会」!? テレビでも話題の美しすぎる遺影が人気

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

遺影写真の準備をしている方が増えている

平成24年に経済産業省が公表した「生前準備」についての調査結果を見てみると

「遺影写真について」
●「準備が必要だと感じる・準備している」51.4%
●「準備すべきだと感じない・わからない」48.5%

と、過半数が「準備すべき又は準備している」と思っていることがわかります。
自分の死後、葬儀や仏壇などに飾られる遺影写真に納得のいかない写真は使用してほしくないと思うシニア世代向けに、「美しすぎる遺影写真」が撮影できる写真館がブームになっています。

東京や大阪で今や予約が取れないほど人気なのが、メイクアップ&フォトスタジオ『オプシス』。オプシスで撮った写真は、明るく微笑む自分。信じられないほど美しく光る自分の写真。
このオプシスで撮影できる写真は、かしこまったよくある「遺影写真」ではなく、プロの手でまるで女優になったかのように大変身をする「奇跡の一枚」。撮影した多くの人が「美しすぎる自分」に感激し、何度も撮りに来る人も多いんだとか。「遺影写真を撮ることで元気なって長生きする」とクチコミが評判で広がり、シニア世代が列を成すほどだとか。
せっかくの遺影写真。自分がいちばん美しい状態を遺したいですよね。

「ミヤネ屋」(日本テレビ系)「あさチャン!」(TBS系)などで話題! シニアビューティメイク

続いてご紹介するのは、東京・巣鴨のシニア専門写真スタジオ「えがお写真館」。同写真館で一番人気は「遺影撮影プラン」。ここのメイクは「劇的にキレイになる」とシニア世代の間で話題となり、月間100人以上・年間1000人以上のシニア世代女性が訪れるほどの人気になりました。

シニア専門写真スタジオ「えがお写真館」

左から(ビフォー)→(アフター1)→(アフター2)

同写真館は2017年だけで「ミヤネ屋」(日本テレビ系)や「あさチャン!」(TBS系)、「みんなのニュース」(フジテレビ系)、「有吉くんの正直散歩」(フジテレビ系)などワイドショー・バラエティ合わせて計10本以上で紹介されるほど話題を集めています。そんな同写真館の「劇的に変わるメイク」が一冊の本になりました。その名も「どうしてそんなにキレイなの?と噂される シニアビューティメイク」

どうしてそんなにキレイなの? と噂されるシニアビューティメイク

どうしてそんなにキレイなの? と噂されるシニアビューティメイク

■購入はこちらから:どうしてそんなにキレイなの? と噂されるシニアビューティメイク (えがお写真館) 赤坂 渉 ー 1,080円

本書では同館のメイクアップアーティスト・赤坂渉さんが「自宅で誰でもできる マイナス17歳の美再生メイク」を各ステップごとにわかりやすく写真で伝授してもらえます。この本を読めば、同年代に一歩差がつくメイク術が身につくかも?

えがお写真館はシニアの乙女心を取り戻す

そんな本で話題となっているえがお写真館。巣鴨という立地もそうですが、なぜ「シニア専門写真スタジオ」なのでしょうか?
その理由をえがお写真館は

「町の写真館も大手写真館も、キッズ向け、ファミリー向けばかりで、シニア世代はちょっと気後れしてしまい入りにくい状況です。そこで、シニア世代が気軽に来店できるようにしたのが「えがお写真館」です。」

とのこと。同写真館には60〜90代までの方が多く来店し、その9割が女性! 都内だけではなく、関東近県、遠くは北海道、九州など全国から訪れるんだとか。「遺影写真」を目的に来られる方も多いそう。
写真を手軽に撮れるようになり、カメラが高機能になったことで、簡単に遺影写真を撮れる、というイメージを持っている方も多くいるでしょう。しかし、カメラがどんどん高性能になったことで、シワやシミなどが、今まで以上に目立つようになってきました。
えがお写真館のように、メイクのプロがしっかりとメイクを施してくれることで、シワやシミもしっかりとカバーした写真撮影が可能になります。

ずっと残り続ける遺影写真。適当に撮った一枚も思い出に残るものですが、せっかくなら、自分史上一番美しい写真を、女優のようなメイクを施して遺してみませんか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
関連記事
NEW!
2017年12月10日

社会

三日坊主は「浮気」で克服!? 慶應義塾大学と20万人の習慣化アプリ「みんチャレ」

「何をはじめても三日坊主になってしまう。なかなか長続きしないなぁ。長続きするコツはあるのかな?」シニア世代に限らず、三日坊主はいくつになっても直らないもの。しかし、そんな三日坊主は...
NEW!
2017年12月8日

社会

【ご意見募集中】お年玉は何歳まであげる? 相場はどのくらい?

「新年を迎えるから孫にお年玉をあげなくちゃ。でもいくらあげるのが平均なんだろう?」 毎年年末から年始にかけて頭を悩ませるシニア世代も多いのではないでしょうか? お孫さんが小学生な...
2017年12月5日

社会

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月4日

社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年12月3日

社会

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

「生活に不便があるけれど、ちょっとしたことだから頼むのは気がひける」と思うことはありませんか? とても簡単なことだと電球の交換や大きなものの買い出しなど。こうした身の回りのささいな...
2017年12月2日

社会

【終活準備】これぞ最先端!お経ペッパーにVRお葬式!?「エンディング産業展」人生の仕舞い方

「終活が流行っているけれど、人生の仕舞い方にはどのようなものがあるのだろう?」そう疑問に思うシニア世代は多いはず。終活という言葉が使われだしてから10年ほど。終活事情はどんどん変わ...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円