メニュー
ゲストさん
 

好きな服を着よう! シニア世代こそ「かっこいいファッション」を

いくつになってもお洒落をするとワクワクするもの。しかし若者世代と比べシニア世代のファッション情報は少ないですよね。一体どこを参考にすれば良いのでしょうか?

「かっこいいファッション」は「L’idéal」の写真を参考に

OVER60 Street Snap ― いくつになっても憧れの女性
参考リンク:OVER60 Street Snap ― いくつになっても憧れの女性 MASA&MARI (著)

見本がなければどんな服装がいいのかわからないもの。
シニア世代のファッションスナップをまとめた「リデアル」をご紹介します。残念ながら現在は活動休止中ですが、これまで撮影された素敵なファッションライフを送るスナップをまとめて見ることができます。

参考リンク:リデアル (フェイスブックページ)

シニア世代のファッションは以下の3つのポイントを抑えて選ぶとオシャレな印象になります。

1.明るい色を選ぶ
控えめな色合いやファッションを選びがちなシニア世代。日本人の謙虚な気質も相まって、なんだか暗い印象になりがちです。グレー、ベージュ、紺、黒といった無難な色ばかりでは、オシャレなシニア世代とは言えません。「なるべく目立たないように」と考えている方も多いはず。
昔の60代と比べ、今のシニア世代は顔つきや肌のハリ・ツヤが若々しい人、多いですよね。
だからこそ、「明るい色」をチョイスするのがおすすめです。若々しい印象を与える赤、黄、緑といったビビットな色を選んでも、服だけが浮いてしまうなんてことはありませんし、違和感もありません。
暗いダークトーンの色を選ぶより、ビビットで明るい色の服を選ぶことで気分まで明るくなります。

また、淡いパステルカラーも男女問わず人気の色合いです。パステルカラーからは、優しい・柔らかい、という印象を受けます。
こうした明るい色の洋服を選んでいきましょう。

2.身につけて楽しいものを選ぶ
人から見られるだけがファッションではありません。
例えば一張羅のスーツ。着るだけで背筋も伸び、自身に満ち溢れた態度になることでしょう。
このように洋服は自分の意識をも変えてくれるものです。

こだわりをもって選ばれた洋服はまさに「自分の人生哲学」といっても過言ではないでしょう。
「似合うかどうかわからない」という方は、「自分が好きかどうか」を基準に選んでみるのはいかがでしょうか? 自分が着たいと思える、身につけることで気持ちに変化がある、そうした服を選ぶと自然と似合うように態度も変わるはずです。
「若作りって思われたらどうしよう」なんて心配は無用。
服にあった態度を取っていれば、なぜか自分にぴったりに見えてくるものです。

3.全体的なオシャレを意識する
ワンランク上のオシャレを目指すなら、トータルコーディネートで考えましょう。

たとえばポロシャツやカッターシャツとズボンの色が合っていなければ、よほど上級者でない限り、オシャレだとはいえませんよね。
また、上下ベージュだったりすると、なんだかぼんやりとした印象を与えてしまいます。
頭の天辺からつま先に至るまで全身に統一感のあるファッションを目指しましょう。
スーツにスニーカーなんて履きませんよね。
例えば、「帽子、バッグ、靴、ベルトを同じ色でそろえる」「カジュアルな雰囲気で全身をまとめる」など、テーマをもって服を選ぶと統一感が出やすいです。
統一感ある服装は、魅力的に魅せてくれますよ。

オシャレな服はどこで買える? おすすめブランド

シニア世代のファッションはどこで購入すればよいのでしょうか。
ここからはブランドをご紹介します。

BURBERRY(バーバリー)
歳を重ねたからこそ、オシャレに着こなせるイギリスの有名ブランド

Ralph Lauren(ラルフローレン)
30〜60代まで幅広く着用できるアメリカの紳士ブランド

ジェイプレス
大人の男がよく似合うオンワード樫山が展開するブランド

マーガレット・ハウエル
上質な素材にこだわり、着心地を重視したブランド

ヨシエ・イナバ
粋でシックな大人の女性がテーマ

ダン・ヒル
上質な財布やキーケースに定評のあるブランド

キプリス
シニア世代のプレゼントで話題にのぼる革製品ブランド

もし迷ったらまずは上記ブランドのなかから、晴れやかで楽しい気持ちになる服を選んで見るのはいかがでしょうか?

<こちらの記事もおすすめ>

結婚37周年おそろいファッションが人気の60代お洒落夫婦。インスタグラムを始めよう

シニアグラス、リーディンググラス。おしゃれに始める老眼鏡

老眼鏡をかけて5歳若返る? 自分に似合うメガネ選びの秘訣

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年12月8日

暮らし・社会

残された家族の負担を減らすことができる手段のひとつ、「葬儀保険」をご紹介!

終活が一般的になった最近では、葬儀をあらかじめ準備する人が増えてきています。 葬儀について調べれば調べるほど不安になるのが「葬儀費用」ではないでしょうか? 生前から準備する...
2019年12月6日

暮らし・社会

誰にも話せない悩み、みなさんはどうやってすっきりさせますか?対面しなくても相談が受けられる悩み相談とは?

誰でもひとつやふたつ、人には言いたくない、気軽に言えない「悩み」を抱えているもの。 小さな悩みなら自分の中で解決させたり、なんとなく小さなもやもやで済みます。 しかし、抱え...
2019年12月5日

暮らし・社会

次世代を考える、地球の危機をみんなで解決する「SDGs」。知っていますか?参加していますか?

テレビや新聞、広報誌などでよく見かけるようになった「SDGs」。 持続可能な17個の目標を掲げたSDGsについて詳しく知っているでしょうか? 日本での認知度はわずか27パー...
2019年12月4日

暮らし・社会

年金をもらいながら働いている人はそろそろ「年末調整」を考える時期!年金受給者はどう書けばいいの?

年末ムードが漂う11月、12月。 年を越すため、新年を迎える準備をはじめるのはもちろんですが、定年後働いている方は「年末調整」の準備もしているのではないでしょうか? サラリ...
2019年12月2日

暮らし・社会

【冬は要注意】うっかりで火事になりやすい季節。常に火の用心!火事を対策する方法をご紹介

朝と夜、だいぶ肌寒い季節になりました。 北日本はすっかりと冬の装いですね。 肌寒い季節の必需品といえば暖房器具。 ストーブ、こたつ、電気毛布など冬を乗り切るための暖房器具...
2019年12月1日

暮らし・社会

【老後を考える】介護施設やデイサービスを受けている自分の老後、どのように想像しますか?

「老後の介護」と聞くと、認知症になり、介護士さんのサポートを受けて、毎日変化も無く、時間がすぎるのを淡々と待つ。 そんな暗いイメージがあるかもしれません。 もちろん、介護を...