メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

落ち着いた静かな環境で暮らしたい。田舎暮らしの魅力をご紹介

「都会の喧騒から離れた、静かな町で過ごしたいな」
多くの人は、こんな風に考えたことがあるのではないでしょうか。どこにいても賑やかで、夜になっても照明のせいで眩しいくらいの都会での生活。そんな生活から離れ、静かで穏やかな時間が流れていそうな「田舎暮らし」に憧れを抱いてしまう気持ちもとても理解できます。
今回は、一度は憧れてしまいそうな「田舎暮らし」の魅力について調べてみました。

落ち着いた静かな環境で暮らしたい 魅力の田舎暮らしを紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

田舎暮らしの魅力を伝える「田舎暮らしの本」を紹介

田舎暮らしに憧れを持っている人に、是非とも手にとってもらいたい本があります。それは、株式会社宝島社より発行されている月刊誌「田舎暮らしの本」です。

この「田舎暮らしの本」には実際に田舎へ引っ越した際の基礎知識や、読者からの田舎暮らしへの想いなどが掲載されています。また、後ほど詳しく話しますが、「住みたい田舎ベストランキング」という特集企画も定期的に行っており、現在、人気のある町を知ることもできるのです。

では田舎に住んだとしたらどのようなメリットやデメリットが考えられるでしょうか? 
メリットとして挙げられることは次のような内容です

・ゆったりとスローペースで生活ができる

都会で生活をしていれば、嫌でも勉強や仕事など競争社会で生きなければなりません。それが田舎暮らしであれば、穏やかな環境の中で、ゆっくりと自分のペースで生活ができます。人と人の関係だって、温かな環境のなかで、ゆっくりと築き上げることだってできます。

・都会と違って「自然」が豊か
田舎暮らしに憧れる人の中には、この自然の豊かさを求めている人もいるのではないでしょうか。綺麗な空気や美味しい水、静かな環境はまさに田舎暮らしへの醍醐味とも言えるはずです。また、自然が豊かな環境であるということは、アウトドアだって存分に楽しむことができますね。登山や釣りはもちろん、土地さえ用意できれば家庭菜園だって楽しめます。自分の趣味を身近で満喫できるようになるのは嬉しいですよね。

・家賃や土地の価格が安い
地方や田舎に住んでいた経験がある人なら分かると思いますが、都会に比べてとにかく土地や家賃の価格が安いです。賃貸であれば5万円もあれば相当良い所を借りることができますし、3万円くらいの予算でも十分な住宅が見つかります。また、土地の価格も安い傾向にあるので、田舎で夢のマイホーム生活だって実現することは難しくありません。
このように、ゆったりとした生活を期待させてくれる田舎暮らしですが、反対にデメリットはどのようなことが考えられるでしょうか?

・都会の便利さには敵わない
通勤に利用するバスや電車などの交通機関、映画館や美術館などの娯楽施設が充実している都会と比べると、どうしても「便利さ」では対抗することができません。静かな環境を求めて田舎に移住したのであれば、問題ないかもしれませんが、引っ越したばかりのころは少しだけ不便を感じてしまいそうです。

・仕事の種類、量が少ない
田舎暮らしと言え、生活をしていくためにも仕事を探さないといけません。しかし、都会と比べると、選択できる職種も限られ、給料自体も比較的安いことがネックになるかもしれません。家賃や物価も安いので生活に困ることは少ないでしょうが、この部分も考慮した方が良さそうです。

あなたはどこに住みたいですか? 第6回日本「住みたい田舎」ベストランキング

田舎暮らしについて話してきましたが、次は先ほど紹介した「田舎暮らしの本」に掲載されている宝島社「田舎暮らしの本」2月号、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を紹介したいと思います。このランキングは今回で6回目の開催になる同雑誌の人気企画です。
「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」向けに、人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」向けに、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つに分けてランキングを発表しています。また、部門も細かく分類されており、「総合」ランキングのほか、「若者世代」「子育て世代」「シニア世代」の4部門に分けています。
それでは「小さなまちランキング」と「大きなまちランキング」を見て行きましょう。

PR TIMES【2018年版 住みたい田舎ベストランキング】より

PR TIMES【2018年版 住みたい田舎ベストランキング】より

出典元:【2018年版 住みたい田舎ベストランキング】小さなまち〔総合部門1位〕北杜市!大きなまち〔総合部門1位〕北九州市!

このような結果となっています。大きなまちランキングでは「北九州市」が2冠を達成していますね。北九州市では「生涯活躍のまち」としてしっかりしたサポート体制が取られている町なんだそうです。

住みたい田舎一位の北九州市の魅力

さきほどのランキングで「総合」と「シニア世代」で2冠を達成した北九州市ですが、移住者に対しての積極的なサポート体制が評価された要因だそうです。

2020年頃には65歳以上の人口がピークを迎えると言われる北九州市では、住宅街に隣接して医療機関や介護施設を充実させるなど、若者や子育て世代だけではなく、シニア世代の移住にも前向きな姿勢です。
市内の企業・団体も一緒になって、移住をサポートしてくれます。「北九州市すまいるクラブ(入会無料)」というものに入会すると、引越し割引、不動産仲介手数料割引などのほか様々な情報を得られます。なんと、お試し居住では1週間~1ヶ月ほど、移住コーディネーターのサポートを受けながら、北九州市での暮らしを体験できるそうです。

どんどん注目を浴び始めている「田舎暮らし」。シニア世代の方の第二の人生のスタートにもぴったりではないでしょうか? 豊かな自然に囲まれた環境で生活し、お孫さんにとっての「故郷」作りにもなるかもしれませんよ。

<こちらの記事もおすすめ>

街なかで田舎デビューの夢を叶える「里山シェア」「シェア畑」

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月16日

暮らし・社会

人生100年時代!「書く仕事」が手に職として人気に

「シニアから手に職をつけることはできるのかな?」 女性を中心に、「ライター養成講座」の人気が高まっているそうです。 [caption id="attachment_23...
2018年9月2日

暮らし・社会

「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」で芸術家の卵と共生する

「老後はサ高住での暮らしを考えてはいるけど、高齢者しかいないイメージ」 高齢になり一人暮らしや夫婦だけの生活に不安がある人は多くいることかと思います。 そんな人たちの今後の...
2018年8月27日

暮らし・社会

「あいのり」でシニアの移動をスムーズに

「移動コストがすごく高い」 アメリカやヨーロッパで進むライドシェア、つまり「あいのり」。特にヨーロッパでは、交通過疎地の問題解決として、フランス・パリに拠点を置く「BlaBl...
2018年8月25日

暮らし・社会

広がるシニア向け少量・低価格食品を賢く使おう

「普通の惣菜って夫婦2人だと量が多い」 シニア向けに少量のお総菜などを提供するスーパーをよく見るようになりました。 もうすでにこうした少量の惣菜を普段から利用されている方も...
2018年8月20日

暮らし・社会

シニアや障がい者にやさしいホテル・旅館の選び方

「いい宿だと思って行ってみたら、エレベーターがなく、二階の客室に行くのが大変だった…」 そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピック...
2018年8月14日

暮らし・社会

自分だけのお墓がいい! 一代限りのお墓はいかが

「自分のお墓の準備をしておいたほうがいいのかな?」 先祖から受け継いだ墓を守っていくのも、なかなか大変な時代。 後継ぎがいない方、いても子孫に墓の苦労をかけたくない方も多い...