メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

人生100年時代!「書く仕事」が手に職として人気に

「シニアから手に職をつけることはできるのかな?」

女性を中心に、「ライター養成講座」の人気が高まっているそうです。

中学生

画像提供:imagenavi(イメージナビ

人生100年時代を迎え、転職や再就職、定年後のスキルとして、書く技術に注目が集まっているのです。
インターネットへの情報発信もますます多くなっていく時代。
あなたも「書く技術」に磨きをかけてはいかがでしょうか?

女性に人気のライター講座

「近年手に職をつけたい」という需要がより高まってきました。
少し前と比べると、就職率も向上しましたが、それでもいつまた不況になるのかはわかりません。

自分の武器として「書く」能力を鍛えたい、という特に若い女性の間で、「ライター・広報講座」がブームとなり始めています。

こうしたライター講座を手がけているのは、女性向けライフ&スクールのSHE(https://she-inc.jp/)
「ライター」だけでなく、「広報」「ウェブ」など、毎月30回程度の講座を開いています。

Webで学べる講座は過去記事を御覧ください

1回だけで終わるものから、2か月通って極める集中コースまで多種多様なコースを用意しており、学んだことをすぐに活かせるよう、就職先の斡旋や、独立起業の支援も行っています。

このような専門講座は非常に高額、というイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし、SHEが開催する講座は1回3500円からととてもリーズナブル。
集中コースも約10万円からととても通いやすくなっているのが特徴です。

入社3,4年目ぐらいの20代社員が「自分の価値」を探しに受講するケースが最も多く、次いで育児休暇中の30代女性、キャリアアップを考えている30代の受講生が多いそう。

「カリグラフィ」「キャリア」「クッキング」「デザイン」「ビジネス」「メイク」「ライティング」と多様な講座を開催しているSHE likesで最も人気なのが「ウェブデザイン講座」「ライター講座」

なぜウェブデザイン、ライターが人気なのでしょうか?

その理由として最も大きいのが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及と、誰でもメディアを立ち上げられる発信できる環境になってきたことです。

InstagramやTwitterといった情報発信ツールを駆使する際、正しい文章を書けていなければ馬鹿にされる要素になってしまいます。
また、自らが編集長としてウェブメディアを立ち上げたとしたら、サイトのデザインが良いものであれば、それだけで人はなかの記事を読む気になるものです。

これらの理由から、ウェブデザインとライターの2つがとても人気。

現在は女性の働き方が変わる過渡期。
出産して家庭に入る、結婚して寿退社する、という時代ではありません。
万が一、退職したとしてもフリーランス(自営業)として稼ぐ、稼いでいく、という女性も増えてきています。

こうした時代背景から、会社のためでなく、自分のためにスキルアップする人が増えてきているのです。

プロの仕事の技術が学べる

デスクワーク

画像提供:imagenavi(イメージナビ

SHEのような講座を主催する会社は非常に増えてきていますが、忘れてはいけないのが、ライター、コピーライター講座の原点ともいえる「宣伝会議」(https://www.sendenkaigi.com/)です。

広告業界にお勤めの方、お勤めされていた方ならよくご存知かと思いますが、広告業界必携ともいえる雑誌「宣伝会議」。
デザインの校正やコピーライティングの方法論まで、さまざまなテーマで雑誌が制作されています。

この宣伝会議は以前から、各都市で講座を開催しています。

人気の「編集・ライター養成講座 総合コース」では、メディア・コンテンツ業界の中で活躍する現役一流の編集長やライターが講師となり、現場のプロの技術や考え方を学ぶ事ができます。

まだ紙の時代。
ライターや編集者というのは一部の人にしか開かれていない業界でした。

しかし、現在では簡単に一個人がメディアを立ち上げられるようになっています。
雑誌と比べ、ウェブメディアであれば年間コストも1万円程度とかなり安いため、多くのメディアが乱立している状態です。

乱立しているウェブメディアのなかで、自分のメディアの記事を読んでもらうためにはプロの視点がとても大切です。

プロならではの知識、技術が学べるとあって「宣伝会議」の講座はとても人気となっています。

講座は40回開催され、費用は160,000円(税抜き)。
1回あたり4,000円と決して高い講座ではありません。
このようにプロから直接ライティングや編集技術を学ぶことで、セカンドキャリア形成に役立つかもしれません。

次の項では、セカンドキャリア形成に役立つ「クラウドソーシングサービス」をご紹介いたします。

クラウドワークスで副収入も

朝焼け

画像提供:imagenavi(イメージナビ

クラウドソーシングサービスという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
クラウドソーシングサービスとは、仕事をしたい人仕事を発注したい人(企業)をウェブ上で繋いでくれるサービスのこと。
ここには不特定多数の企業や仕事をしたい個人が集まっており、企業の案件に対して、案件に答えられる人が手を挙げ仕事を受注する、という流れになっています。

日本国内で人気のクラウドソーシングサービスは「クラウドワークス」(https://crowdworks.jp/dashboard)

上記のようなライター養成講座を受けていれば、こなせる仕事がたくさんあります。

「ウェブメディアの記事を書いてほしい」という依頼が多く、文字単価記事単価が設定されているので、自分が納得できる条件にマッチした案件に応募し、採用されると仕事をすることができます。

一見するとどれも単価が低いかもしれませんが、慣れてきたり、発注側と信頼関係ができてくると単価アップの可能性もあります。

コツコツと案件をこなしていくと、月5万円程度であれば簡単に稼ぐことが可能です。

シニア世代のセカンドキャリア形成として、「ライター」を始めてみてはいかがでしょうか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年11月25日

暮らし・社会

【NHKでも話題】死後離婚でトラブル回避?義父母との究極の縁切り

死後離婚という言葉、ご存知のシニアも多いのではないでしょうか? 死んだ相手(配偶者)と離婚するわけではありません。 配偶者を亡くした後、役所に「姻族関係終了届」を出し、義父...
2018年11月24日

暮らし・社会

80歳の壁は「人の援助」で乗り切ろう!

80代の3人にひとりは、筋肉量や身体機能が日常生活を送るのに不十分な状態に陥っていると、推測されています。 この「80歳の壁」を自分ひとりで、あるいは配偶者(やはり80代)と...
2018年11月11日

暮らし・社会

気に入らない兄弟と縁を切りたい!法的に可能なのか弁護士が解説

兄弟や姉妹や血の繋がった肉親であり、助け合う存在。ところが、一度仲がこじれてしまうと、友人以上に憎み合うといわれています。そのような場合、残念なことですが、「縁を切りたい」と考える...
2018年11月8日

暮らし・社会

【実録】元不倫相手に「慰謝料払え!」は認められる?

最近多くの反響をいただいている、シェアしたくなる法律相談所の【実録】シリーズ! 今回は、私の友人から聞いたトンデモ話をご紹介します! [caption id="attach...
2018年11月1日

暮らし・社会

【夫婦のスレ違い】家事に男女の意識差!仲睦まじい老後を過ごそう

定年退職後、家事にも協力しているのに、なぜか妻の顔色がいま一つ冴えない!? そんなもやもやを感じているシニア男性もいるのではないでしょうか? その原因は「妻と夫で、相手にも...
2018年10月31日

暮らし・社会

【長寿祝ギフト】あげる人も、もらう人もうれしいのは何?

長寿祝いのギフト、シニアのみなさんは、贈る側と贈られる側、両方の立場になることが多いのではないでしょうか? 贈る側としては何がいいかと迷うもの。また、贈られ側になると、「何が...