メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 大倉様_ザグランリゾートエレガンテ_04
 

【終活】遺品は誰に?どうやって?生前整理のプロに学ぶ終活

シニアにとって終活は切実な話ですよね。
両親のことでもあれば、自身のことでもあります。

特に一軒家の場合、生前整理を考えただけでも、気が滅入りそうな人もいるのではないでしょうか?

ゴミ箱のシュレッダーダストとアルファベットのe

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今回は、生前整理のプロに学ぶコツをご紹介します。

古いものでも価値はある

ミーティングの準備をするビジネスウーマン

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今日本は年間130万人以上が亡くなる多死亡社会です。

特に一軒家ともなると、遺品の数も膨大でその処分に苦慮する方も多いのではないでしょうか?

今、こうした遺品を再生させようという動きが出てきています。

なかでも日本製の家電は中古でもほしいというアジア圏でのニーズが高く、日本製の中古家電の輸出が活発になってきているのだとか。

NHKクローズアップ現代+で紹介されたのは、そんな遺品の整理業者です。

専門家によると、一軒家から出る遺品の量は平均すると3トンだそう。
これだけの量の遺品が出るとなると、特に離れて暮らしている家族にとっては整理にとても苦労しそうです。

遺品整理の依頼はここ数年で3倍から4倍に増えているといい、多い日は一日に10件以上の問い合わせがあるといいます。

こうした遺品整理業者は遺品を「処分するもの」「中古品として販売するもの」に仕分けます。
使い古された食器や調理器具なんかも販売するものに分けられるのだとか。

こうして分けた遺品は日本国内で流通するだけに留まらず、経済成長著しいフィリピンなどに多く輸出されるそう。

日本から輸入された遺品たちはフィリピンではオークションにかけられます。
1回のオークションで20トンほどが出品され、売上は1回あたり平均350万円にもなるそう。

もちろん、フィリピンの経済力があれば新品の日本製家電や家具などを購入することは可能です。
しかし、日本人が使った中古品、ということが大きな付加価値になっているといいます。

その理由は「日本人が長年大切に使ってきた遺品なら丈夫で質もよいはずだ」というもの。
なかにはこうした遺品たちをコレクションしている人も多いのだとか。

処分に困る大きな和ダンスなども人気なようです。

古くて価値がないから、と遺品整理で捨てるのではなく、専門業者に依頼することで、遺品整理にお金がかからなくなるかもしれないだけでなく、プラスになる可能性もあるのです。

生前整理のプロがいる

スマートフォンを持つ手

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

生前整理の場合、日本にはプロがいます。

一般社団法人生前整理普及協会を修了した生前整理アドバイザーは、生前整理のプロフェッショナルです。

生前整理は人生の片付け。
まさに終活です。

最期の瞬間まで自分らしく生ききることができるよう、モノ・心・情報の整理をすることが生前整理。
生前整理は死にゆく準備ではなく、「今の人生を輝かせるためにするもの」と生前整理普及協会は考えています。

ここでは思い出の品の片付け方写真や情報の整理術エンディングノートの作成などを学ぶことができます。
人生最期の瞬間に少しでも悔いの残らないよう、しっかりと生前整理をしてみてはいかがでしょうか?

とはいえ、終活の本を買ってみてもやることが多すぎて何から手を付けていいのかわからない、という方もきっと多いハズ。

生前整理普及協会では、そんな方のために修了証つきの講座を開催しています。

「片づけからはじめる 生前整理はじめの一歩講座」は、生前整理をこれから始める、という方に最適な講座です。
1回90分の講座で、生前整理の方法万が一の備えなど、終活に欠かせない知識を学ぶことができます。

この講座をまずは受けてみて、生前整理について学んでみてはいかがでしょうか?

▼参考リンク

片づけからはじめる 生前整理はじめの一歩|生前整理普及協会
https://seizenseiri.net/seminar/adviser/#ip

「とりあえずメルカリ」もいい

遺品整理は自分で行うことができませんが、生前整理ならば自分の納得の行く形で行うことができます。

例えば身の回りのものでも、明らかな不用品必要なもの誰かに引き継ぎたいものなどはありませんか?
いらないとわかっていても、なかなか捨てられないものなども。

そういった商品は「メルカリ」などインターネットのフリマサイトを活用し、売却してみてはいかがでしょうか?

実際にメルカリを活用して生前整理を行うケースは、ここ1年で2.5倍以上に増加しているそう。
出品されたものは生前整理の品であることが紹介され、持ち主が大切にしてきたからこそ欲しい、という需要も増えてきています。

なかなか捨てられないけれど、誰かが大切にしてくれるなら手放しても良い、そんな品はメルカリなどで販売してみてはいかがでしょうか?

▼参考リンク

【生前整理・断捨離】良いものだけど使わない、捨てるには惜しいものを譲る方法「メルカリ」
https://slownet.ne.jp/c/society/post-16846/

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年1月17日

暮らし・社会

【政治議論】ネットでの政治議論専門アプリ、「ポリポリ」

政治的な問題についての発言が、時々スローネットでも盛り上がりますが、専門アプリが登場しました。 その名もポリポリ。 一方的な攻撃にならないよう、工夫がされており、シニア...
NEW!
2019年1月11日

暮らし・社会

「誰にも相談できない…」美人局被害に遭ったらどうすればいい?

美人局(つつもたせ)はかなり古くから存在するトラブルですが、現在でも基本的な構造は変わらぬまま存在し、相談件数は増加しているように思います。 その原因は、出会い系サイトなど、異性...
2019年1月3日

暮らし・社会

故人が遺言書をのこしているかどうかわからない…こんな時どう探せばいい?

何十年と生きていると、必ず家族との別れ、つまり家族の死を経験することになるでしょう。 病気などで死を意識した人が遺言を書いている可能性が高いのは想像しやすいですが、たとえ、突然の...
2018年12月31日

暮らし・社会

雪道をノーマルタイヤで走ったら違法ってホント?

今年の年末年始は全国的に厳冬となるようです。昨年の冬は東京都心でも4年ぶりに大雪が降り、各種交通機関では入場規制や大幅な遅延が発生するなど、混乱が発生しました。 普段雪の降らない...
2018年12月26日

暮らし・社会

お年玉は何歳まであげる? 相場はどのくらい?シニア2,000人アンケート

「新年を迎えるから孫にお年玉をあげなくちゃ。でもいくらあげるのが平均なんだろう?」 毎年年末から年始にかけて頭を悩ませるシニア世代も多いのではないでしょうか? お孫さんが小学生な...
2018年12月23日

暮らし・社会

自分と子供を捨て蒸発した妻が別の男と暮らしていた!慰謝料を請求することは可能?

Aさん(50歳男性)は、現在怒りに震えています。ある日、家に帰ってみると妻が3歳の子供を放置し、「出ていきます」と書き置きを残して去ってしまったのです。 [caption i...