メニュー
ゲストさん
 

乾燥する部屋を潤わす最適の加湿器は?加湿器は多種類!

この季節になると、寒さと共に乾燥が気になりますね。
今年は特にウイルスを予防するために室内を乾燥させないことを気にしている人が多いと思いのではないでしょうか。

加湿器にはさまざまなタイプがあり、それぞれ一長一短。
どのような加湿器を選べば良いのか、迷ってしまいますよね。

加湿器にはどのようなタイプがあり、どのような用途に向いているのか。
自分自身の環境にあったものを選びましょう。

部屋を乾燥させることが良くない理由は?

部屋を乾燥させるとよくない理由は?

湿度が低い、乾燥状態になってしまうと身体にはどのような影響があるのでしょうか?

人に与える影響の代表といえばインフルエンザや風邪を引きやすくなることでしょう。
今年は特に新型コロナウイルス感染症を気にしている方も多いはず。

空気が乾燥すると口や鼻の粘膜が乾燥し、風邪などの感染に対するバリア機能が低下するため、インフルエンザや風邪などに罹患する確率が高くなってしまうと言われています。

冬場にインフルエンザが流行する理由のひとつは乾燥。
もちろん、寒く、乾燥することでインフルエンザウイルスが増殖しやすい時期というのはありますが、空気が乾燥することで人の防御力が低下することも原因なのです。
さらに空気が乾燥すると、身体から発散する水分量が増えてしまうので、暖房をつけていても体感温度は低くなります。
なかなか暖かさを感じにくい理由は、乾燥にもあるのです。



美容面では湿度不足になると、髪や肌が乾燥してしまいます。
健康的な髪の水分量は11パーセントから13パーセント。
しかし、空気が乾燥すると表面積が大きい髪の毛はすぐに水分を発散してしまうため、乾燥してパサつき、広がりやすくなります。
冬場なんとなく髪がパサつくと感じる方は乾燥が原因でしょう。

肌については水分量が10パーセント以下になると乾燥肌状態。
乾燥肌状態になると、肌荒れやかゆみ、皮膚炎などの原因になるので、男性であっても化粧水などを風呂上がりに使いましょう。

こうした状況を避けるためには適正湿度に室内を保つことが重要です。
一般的に40パーセントから60パーセントが適正湿度といわれているので、この範囲になるよう、湿度をコントロールしましょう。
最近では空気清浄機に加湿機能がついているものもあるので、ぜひご活用を。

湿度が40パーセントを切ると、静電気が発生しやすくなり、特に髪の毛は切れ毛や枝毛を引き起こし、頭皮が汚れやすくなってしまいます。
もちろん、低湿度状態では風邪も引きやすくなってしまうので、ぜひ加湿器を活用しましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 加湿器の種類は?電気代はどのくらい?衛生的なのは?カビは発生する?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年2月26日

暮らし・社会

ニューノーマル時代、セカンドハウスを持つ人は多くなる!理想のセカンドハウスを持つためには?

最近テレビや新聞などで「ニューノーマル」という言葉をよく耳にしませんか?  新型コロナウイルス感染拡大により、ソーシャルディスタンスが当たり前になったり、いつも常識と問われたこと...
2021年2月19日

暮らし・社会

最近の家電製品がすごい!中高年に特におすすめの最新家電をご紹介します

在宅の時間が増えたことにより、古い家電の使い勝手が悪いと感じ始めた人も多いのではないでしょうか。 家電製品の平均寿命は10年といわれています。また、最新家電にすることで電気代を大...
2021年2月14日

暮らし・社会

節約もできて、効果的に暖房をするためには?

今年の冬は高い暖房代にびっくりしたご家庭は多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症拡大の流行が続き、家にいる時間が増えることにつれて暖房を行う時間も長くなったせいかい...
2021年1月29日

暮らし・社会

コロナ自粛の中、改めてパートナーが必要だと感じた人は多い!?

新型コロナウイルス感染症拡大による自粛で、ほとんどの時間を家でひとりで過ごし、少し寂しさを感じているという人も多いのではないでしょうか? 人によって事情はさまざまですが、パートナ...
2021年1月19日

暮らし・社会

2021年は生活の質を高めてみては?

2021に入り、まだ新型コロナウイルス感染症との戦いは今年も続きそうですが、少しはポジティブに考えたいですね。 ポジティブになるために1つおすすめなのが、「こだわり」を持つことで...
2021年1月9日

暮らし・社会

寒い冬は水道の凍結に注意を!

日に日に寒くなってくると少し気になるのが「水回りの凍結」なのではないでしょうか? しかも、今年は新型コロナウイルス感染症の流行で衛生面でも水が凍って出なくなるということは避けたい...