メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

ボウリングを楽しもう

bowling

自分に合ったボールで

ボウリングは幅広い年代の人におすすめできるスポーツです。
急な心拍数の上昇がなく、体に負担をかけずにプレーできるうえ、全身の筋肉を使うので、血行を促進する効果も期待できます。
プレーを楽しむためには、自分に合ったボールを選ぶことが大切。
ボールの重さはポンド(1ポンドは約0.45kg)で表示されており、体重の10分の1の重さが目安です。
ただし、体力には個人差があるので、あまり重さにこだわる必要はありません。

ルールを守って

ボールの穴に親指は根元まで、中指と薬指は第2関節まで入れて、親指がきつくも緩くもないサイズがベスト。
指を入れたら腕を下ろし、軽く前後に振って重さを確かめてください。
投球の際、レーンとフロアの境目のファウルラインを越えたり、高い位置からボールを落としたりするのは禁止。
レーンに転がすような感覚で投球してください。また、隣のレーンの人と投球が同時になった場合は右側が優先です。
ストライクを取るためには、右利きの人の場合、真ん中ではなく、少し右側から投げるようにしましょう。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2015年12月25日

スポーツ

和の動きに挑戦

内側の筋肉を鍛える 日本舞踊や能、歌舞伎といった伝統文化の動きが健康づくりに役立ち、美しい姿勢や動作を身につけることにもつながると注目を集めています。 ...
人気記事
2017年3月12日

元気のヒント

【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

自覚症状がないケースも 日本人の失明原因の1位とされる緑内障。患者数は40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人と言われています。自覚症状がない「かくれ緑内障」も含...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年5月10日

元気のヒント

嗅覚の衰えは死亡リスクの目安? 死亡率が26%もの差になっていた

悪臭に敏感な人ほど低リスク 認知機能や認知症、アルツハイマー病リスクとの関係が指摘されるなど、近年注目を集めている人間の感覚のひとつが「嗅覚」です。 そんな嗅覚が低下す...
2017年5月13日

元気のヒント

脳の健康を保つ食事ガイドブック カナダの高齢者専門病院が発表

アルツハイマー、軽度認知障害リスクが低下 加齢で認知機能は衰えます。しかし、きちんとした食生活をすることで、認知機能の改善や維持が可能です。実際に科学的な効果が確認されている...
2017年5月3日

元気のヒント

アルツハイマー病の原因 取り除くことができる物質をついに発見

マウスでは高い治療効果を確認済み 日本人の認知症の中でも、特に発症者が多いのが「アルツハイマー病」です。 10年ほど前の研究で「アミロイドβ」というたんぱく質が脳血管に...
2017年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...


脳トレドリル。まずはお試し980円