メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

ボウリングを楽しもう

bowling

自分に合ったボールで

ボウリングは幅広い年代の人におすすめできるスポーツです。
急な心拍数の上昇がなく、体に負担をかけずにプレーできるうえ、全身の筋肉を使うので、血行を促進する効果も期待できます。
プレーを楽しむためには、自分に合ったボールを選ぶことが大切。
ボールの重さはポンド(1ポンドは約0.45kg)で表示されており、体重の10分の1の重さが目安です。
ただし、体力には個人差があるので、あまり重さにこだわる必要はありません。

ルールを守って

ボールの穴に親指は根元まで、中指と薬指は第2関節まで入れて、親指がきつくも緩くもないサイズがベスト。
指を入れたら腕を下ろし、軽く前後に振って重さを確かめてください。
投球の際、レーンとフロアの境目のファウルラインを越えたり、高い位置からボールを落としたりするのは禁止。
レーンに転がすような感覚で投球してください。また、隣のレーンの人と投球が同時になった場合は右側が優先です。
ストライクを取るためには、右利きの人の場合、真ん中ではなく、少し右側から投げるようにしましょう。

書き込み

コメントを書く

関連記事
2015年12月25日

スポーツ

和の動きに挑戦

内側の筋肉を鍛える 日本舞踊や能、歌舞伎といった伝統文化の動きが健康づくりに役立ち、美しい姿勢や動作を身につけることにもつながると注目を集めています。 ...
人気記事
2017年3月12日

元気のヒント

【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

自覚症状がないケースも 日本人の失明原因の1位とされる緑内障。患者数は40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人と言われています。自覚症状がない「かくれ緑内障」も含...
2017年4月8日

元気のヒント

脳卒中のとき回復しやすい姿勢は? 寝かせる? 上体を起こす?

頭の位置で血流が変わる? 厚生労働省の調査によると2016年時点で日本人の死因第4位となっているのが、脳梗塞や脳内出血といった脳の血管の病気です。 脳梗塞や脳内出血の恐...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年4月20日

元気のヒント

高齢ドライバー向け 認知機能検査の攻略法

認知症は免許取り消しの対象に 2017年3月12日から改正道路交通法が施行され、高齢ドライバーの認知機能検査が強化されました。75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に、認知...
2017年4月22日

元気のヒント

心臓にいい食品、悪い食品とは? 「調理法」「食べ方」にも気を付けよう

葉物野菜やベリー類を調理して食べよう 心臓や血管に何らかの良い効果が期待できたり、あるいは悪い影響を与えるとされる食物は多く存在します。 しかし、すべての食物が完全に科...




脳トレドリル。まずはお試し980円