メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

日本流行色協会が選定した「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」

「ことしは何色が流行るのかな?」毎年さまざまな色が流行するファッション業界。2017年は「リーディングレッド」という明るめの赤、2018年は「ビジョナリーミント」という優しい色合いのブルーが流行するようです。実はこの流行色、2年前から決められていたってご存知でしたか?

日本流行色協会(JAFCA)が、シニア世代の志向を考え選定した「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」を発表

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

トレンドカラーは2年前に決められる! 流行色世界会議
※ビジョナリーミント

日本での流行色を決定しているのが「一般社団法人日本流行色協会」。この協会は、色の市場調査や分析を行い、その年の流行色を発信する組織なんだとか。
2018年のトレンドカラーは「ビジョナリーミント」という淡いブルー。この色が流行することは2年も前から決められています。

2018年トレンドカラーは「ビジョナリーミント」

世界的な流行色は、アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、日本など世界15カ国が集まって話し合う「流行色世界会議」で決められているそう。
この流行色世界会議。
世界会議という言葉からはまるで国連の総会のような、壮大な場所での会議をイメージしがちですが、実際には普通のオフィスの会議室で、小規模に開催されているものなんです。小人数で世界の色の流行を決めるなんて驚きです。

もちろんこの流行色。感覚で決めているわけではありません。
流行色世界会議に長年日本代表として参加しているクリエイティブ・ディレクター「大澤かほる」さんによると、各国がどういった色が良いのか提案を持ち寄ったなかから、トレンドカラー45色を選抜するんだとか。
この45色を日本に持ち帰り、日本流行色協会が衣服などのアパレルメーカーと協議し、日本国内向けの流行色を決めています。
決められた流行色をもとにメーカーは服の開発、製造をするようです。
色の流行がこんな会議で決められていたなんて驚きですね。

日本流行色協会って何をしているところ?
※高齢者を元気にするカラー2018「住」より

そんな世間の流行色を決めている日本流行色協会(JAFCA)。
流行色決定以外に何をしているところなのでしょうか?

日本流行色協会の事業の中心は、さまざまな分野へトレンドカラー(流行色)を発信すること。
世界レベルでのカラートレンドの方向性を決める会議「インターカラー」(流行色世界会議)に日本代表として出席し、その情報をもとに日本のさまざまな分野へトレンドカラーを提案すること。
このほかにも、色彩教育・啓蒙のための講座やセミナーの開催、カラー専門誌「流行色」の発行、自動車のカラーデザインを表彰する「オートカラーアウォード」を開催しています。
日本のさまざまな分野の「色」に深く関わっている団体だといえそうです。
そんな日本流行色協会は、シニア世代向けの流行色を発表しました。

シニア世代が元気になるカラーとは?
※高齢者を元気にするカラー2018「衣」より

日本流行色協会は協会の活動のひとつである「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」の研究結果として、現代のシニア世代の志向にあった「高齢者を元気にするカラー2018-2019」を発表しました。
この「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」は、増え続けるシニア世代にむけたカラーの指針がいままであいまいだったことから、2016年に発足。業界の垣根を越えた人たちが集まり、活動を続けるなかで、先行きを見据えたシニア世代向けのカラーを選定することとなりました。
さまざまな色があるなかで、特にシニア世代におすすめしたい色をご紹介します。

高齢者を元気にするカラー2018-2019

高齢者を元気にするカラー2018-2019

発表されたカラーは2種類。
住居関連向けの「住」と、衣服向けの「衣」
選定にあたっては、

「人としての尊厳をテーマにする」

「気持ちを明るくし、肌の色もキレイにみせる色」

「遊び心を開放する、心の束縛を開放する色」

の3点が重視されています。

住居などにおすすめの「住」には、マゼンタ(ピンクっぽい赤)やパープルといった、これまでの日本らしくない、異国のインテリアや香りを感じさせる色が選ばれています。こういった色合いの家具などを選ぶと、自然と華やいだ気分になれるでしょう。

衣服などにおすすめの「衣」は、世界各国の手仕事による民族衣装に見られる色太陽が燦々と降り注ぐ景色を想像させる色で構成。とくにオレンジとイエローは気持ちを明るくしてくれる色としても注目です。
こうした色は、単体での使用はもちろん、同じグループ内で組み合わせてもOK。
色が気持ちの与える効果は想像以上、色だけで人を誘導できるほど大きいそうです。

気分もパァッと明るくなる「シニア世代の気持ちが明るくなる色」を身にまとったり、家に飾ったりしてみませんか?

<こちらの記事もおすすめ>

好きな服を着よう! シニア世代こそ「かっこいいファッション」を

結婚37周年おそろいファッションが人気の60代お洒落夫婦。インスタグラムを始めよう

老眼鏡をかけて5歳若返る? 自分に似合うメガネ選びの秘訣

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年5月21日

トピックス

天井から音が降り注ぐ! 革新的なシーリングライトが登場

「普段ラジオを聞くけど、なんとなく音が聞こえづらくなってきた」 なんとなく耳が聞こえづらくなってきた。 そのため家族にテレビやラジオの音量を注意されることが増えた。 ...
2018年5月12日

トピックス

国内初、50 歳からのスキルシェアマーケット『ユニプラ』を発表

「自分のスキルを活かせないかなぁ」 定年までしっかりと勤め上げ、素晴らしいスキルを持っているシニア世代。 でも、素晴らしいスキルも定年退職をして、活かすところがないのではも...
2018年5月1日

トピックス

【話題本】「大家さんと僕」から見る健康寿命が長い人の秘訣とは?

「いつまでも元気で生きている人ってどんな暮らしをしているんだろう?」 何歳になっても元気で若々しい人っていますよね。 そのような人は一体普段はどんな生活をしているのか興味は...
2018年4月29日

トピックス

留守番中のペットは何をしている?「FIT P2」でわかるペットの様子

「家族が出かけている最中、家に残されたペットは何をしているのだろうか?」 普段家にいる時は、その愛くるしい姿や動きで私達を癒やしてくれるペットですが、外出している時はどのよう...
2018年4月26日

トピックス

動物だって長寿の時代? シニア世代の元気な動物たち

「飼い猫の年齢が10歳を超えて、人間で言うともうおじいちゃんなんだよね」 10歳を超える飼い犬や飼い猫を育てている家庭も多いのではないでしょうか? 最近ではワクチン接種の普...
2018年3月16日

トピックス

弘前公園のさくらオーナーをふるさと納税で募集! 招待特典付き

青森県弘前市では、日本一とも称される弘前公園の美しいさくらを後世へ受け継いでいくために、ひろさき応援寄附金(ふるさと納税)を活用し「さくらのオーナー」を募集中! 5月31日までの期...