メニュー
ゲストさん
京都リカレントステイ

連句入門

08.歌仙「山寺の巻」

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2015.12.1
【山寺の巻】  (起首271201)

表(オモテ)
 発句         山寺の一夜の宿の置炬燵         外園タミ女
 脇句(冬)        障子に映る子だぬきの影      secchan
 第三(無季)    先達の手甲脚絆真白にて         しょうく
 四(無季)        ラッシュアワーで混みあうホーム  昇 峰
 五(秋の月)    遣唐使ふるさと思ふ今日の月       麦 秋
 六(折端・秋)      濃霧に沈む比叡の堂宇       secchan
  
裏(ウラ)
 一(折立・秋)   四万十川の川面荒立つ下り鮎       昇 峰
 二(無季)        竜馬の望む遠くアメリカ      麦 秋
 三(無季・恋)   裏木戸にそっと手招き手燭消し      しょうく
 四(無季・恋)      一オクターブ上げて「おはよう」  花 蓮
 五(無季)     知らぬ唄ばかり紅白歌合戦        昇 峰  
 六(無季)        孫に教える伝統行事        secchan
 七(夏の月)    肌脱ぎで月に一献差し上げる       麦 秋
 八(夏)         光微かに蛍火ゆれて        しょうく
 九(無季)     水爆を選ぶ孤立の恐ろしさ        昇 峰
 十(無季)        SFならぬ猿の惑星         secchan
 十一(春の花)   酒蔵を出て向かう先花の山        昇 峰
 十二(折端・春)     買物忘れつくしんぼ摘む      花 蓮
        
名残の表(ナオ)
 一(折立・春)   春寒し何をするにもマイナンバー     昇 峰
 二(無季)        巧みに聞くは生年月日       麦 秋
 三(無季)     コロンボも杉下右京も名刑事       secchan
 四(無季)        サスペンス見て夜を眠れず     昇 峰 
 五(冬)      子の刻の煮込みうどんに力餅       花 蓮
 六(冬)         寒稽古終え握手しつかり      麦 秋
 七(無季)     思い出はフォークダンスの青春歌     secchan
 八(無季・恋)      紅さし指をじっとみつめて     しょうく
 九(無季・恋)   背を向けば愛しいおまえと声かかる    花 蓮
 十(無季)        腹がふくれて出来ちゃった婚    昇 峰
 十一(秋の月)   望の月海に浮かべる利尻富士       しょうく
 十二(折端・秋)     原生林に啄木鳥の音        secchan
       
名残の裏(ナウ)
 一(折立・秋)   編笠に隠す情念風の盆          しょうく
 二(無季)        本当は怖いトランプ占い      昇 峰
 三(無季)     五年経ち事故処理未だ目処立たず     secchan
 四(春)         雁風呂の小屋締め切ったまま    しょうく  
 五(春の花)    ランドセル花咲く下を通り抜け      花 蓮
 六(挙句・春)      未来を約す卒園の門        麦 秋
       
                           (満尾280321) 
書き込み
 戻る次へ 
67ページ
78
しょうくさん
2015.12.26 15:44
さて、たくさんの付句ありがとうございます。
この恋はどう成就したか、なかで、あれこれ私の妄想をたくましくする句を選ばせていただきましょう。
後朝(きぬぎぬ)の姿を想像する 
一オクターブ上げて「おはよう」  花 連
を選ばせていただきます。花 連さん、初めての捌きですがなにとぞよろしくお願いします。
0人がいいねと言っています
77
secchanさん
2015.12.25 22:51
四(無季・恋)案

昔恋文今絵文字メール(そっと渡す恋文)
0人がいいねと言っています
76
昇峰さん
2015.12.25 19:58
⑧ 彼氏の前で引き寄せて抱く(手=引き寄せる) 
⑨ デートに目立つ口紅を塗る(手=口)
⑩ 人の目しのぶ温泉の宿(手=目)
0人がいいねと言っています
75
secchanさん
2015.12.25 15:34
四(無季・恋)案

燃ゆる想いを告げられぬまま(消す⇔燃える)secchan
0人がいいねと言っています
74
削除されました。
73
麦秋さん
2015.12.24 12:30
 四(無季・恋) 案
深草少将恋歌百首
ふうてん寅さんいつも失恋
恋文宛先間違へ戻る
片思ひ重ね重ねてもう傘寿
瞳小さとお見合失敗
0人がいいねと言っています
72
しょうくさん
2015.12.24 9:24
麦秋さん
 拙句お選びいただき驚きです。
 さて、恋句の七七どんな結果になりますか、全体やや古い恋になりそうで、少し現代に戻りたいような気がしてます。
 恋の七・七、お待ちしてます。
0人がいいねと言っています
71
麦秋さん
2015.12.23 19:28
麦秋です。年も押し迫りました。昇峰さん遅ればせですが、拙句選んで頂き心からお礼申し上げます。

しょうくさんの手燭に魅力があり驚きました。この句頂きかす。

裏木戸にそっと手招き手燭消し     しょうく
0人がいいねと言っています
70
削除されました。
69
昇峰さん
2015.12.22 20:10
⑤ 口紅とハートマークをメールする(遠距離恋愛)
0人がいいねと言っています
68
しょうくさん
2015.12.22 16:47
三(無季・恋) 案

     裏木戸にそっと手招き手燭消し  しょうく  お龍さん⇒寺田屋
0人がいいねと言っています
67
削除されました。
66
secchanさん
2015.12.22 9:52
三(無季・恋)案

国境を越えて呼び合う恋心(アメリカと日本)secchan

罪な君乙女心を奪い去り(龍馬→乙女姉さん)secchan
0人がいいねと言っています
65
昇峰さん
2015.12.21 20:03
裏二を治定させていただきます。今回は付け具合が気になりました。即かず離れず、が付けの要諦ですが、「川」に「舟」「波」では付き過ぎになりそうです。「四万十」に「竜馬」も付き過ぎと言われそうですが、少し国内の停滞気味なので、展開を図る意味で、麦秋さんの「竜馬」句を頂こうと思います。

麦秋さん、次の恋句の捌き役をお願いします。
0人がいいねと言っています
64
麦秋さん
2015.12.21 14:48
二(無季)案
竜馬の望む遠くアメリカ
沖待船は波にたゆたう
0人がいいねと言っています
63
しょうくさん
2015.12.21 5:35
 二(無季)案
       急ぐ夜道に遠い町の灯  しょうく  下り⇒急ぐ
0人がいいねと言っています
62
secchanさん
2015.12.20 19:49
二(無季)案

香焚き染めた優雅な着物(鮎=香魚)
0人がいいねと言っています
61
削除されました。
60
削除されました。
59
削除されました。
58
secchanさん
2015.12.19 23:02
昇峰さま

四万十川の読み方を教えていただきありがとうございました。
0人がいいねと言っています
57
昇峰さん
2015.12.19 20:13
secchanさん、ありがとうございます。四万十川は「しまんと」と読めば収まります。

裏二は無季です。三に恋句が来ますので、恋がしやすいような付け句をよろしくお願いします。
0人がいいねと言っています
56
secchanさん
2015.12.19 18:47
連衆のみなさまの句が出揃いました。ふつつかながら治定させていただきます。
いろいろ迷い鶺鴒の小道や持統天皇にも惹かれましたが四万十川の魅力が勝りました。字余りがほんの少し気になったのですが②の昇峰さんの句をいただきます。

一(折立・秋)

四万十川の川面荒立つ下り鮎 昇峰

昇峰さま二(無季)七七の捌きをよろしくお願いします。
0人がいいねと言っています
55
麦秋さん
2015.12.19 5:22
 一(折立・秋)案
秋扇持統天皇孤独の思案
0人がいいねと言っています
54
削除されました。
53
削除されました。
52
削除されました。
51
secchanさん
2015.12.16 17:23
麦秋さま

思いがけず拙句をお選び頂きましてありがとうございます。
連衆のみなさま
早くも裏一(折立・秋)の付け句を頂いていますが、沢山の投句をお待ちしております。よろしくお願いします。
0人がいいねと言っています
50
しょうくさん
2015.12.16 17:18
裏(ウラ)
 一(折立・秋) 案
③ 鶺鴒の導きくれる小道ゆく  濃霧⇒見えない⇒道案内 
0人がいいねと言っています
49
昇峰さん
2015.12.16 15:54
② 四万十川の川面荒立つ下り鮎(沈む⇒川)   
0人がいいねと言っています
48
削除されました。
47
麦秋さん
2015.12.16 11:34
皆さま素晴らしい投稿感謝です。それぞれ良い句であります迷いましたが結局私の好みでsecchanさんの句を頂きます。

濃霧に沈む比叡の堂宇     secchan
0人がいいねと言っています
46
昇峰さん
2015.12.15 17:02
⑤ 夜食のあとの重たき瞼(ふるさと⇒母の作った夜食)
⑥ 飯あつあつにかける麦とろ(故郷の味)
0人がいいねと言っています
45
secchanさん
2015.12.14 23:15
六(折端・秋)案

濃霧に沈む比叡の堂宇(遣唐使→最澄→比叡の堂宇)secchan

初冠雪の富士仰ぎ見る(ふるさと→遠くで思う→仰ぎ見る)secchan
0人がいいねと言っています
44
しょうくさん
2015.12.14 8:50
六(折端・秋) 案

    ① 訛り飛び交い夜業の灯   故郷⇒なまり
    
0人がいいねと言っています
43
削除されました。
42
麦秋さん
2015.12.13 15:30
昇峰さんお言葉深くお礼申し上げます。訂正頂き感謝です。連衆のご投稿をお待ちします。
0人がいいねと言っています
41
昇峰さん
2015.12.13 15:22
五の月の定座、案が出揃いました。秋の月としていますが、ふつうに月を詠えばすべて秋の月になりますので、特に「秋の」と言うほうが興趣が出る場合をのぞいては、ここでは省いていきたいところです。四のホームと付き過ぎかもしれませんが、「故郷思ふ」の中七がここでは故郷へ急ぐ家族のような気持ちがあふれていましたので、この句の「秋の」を「今日の」に一直して頂きたいと思います。

⑥ 遣唐使ふるさと思ふ今日の月  麦 秋

麦秋さん、次の捌き役をお願いします。
0人がいいねと言っています
40
しょうくさん
2015.12.13 13:54
五 (秋の月) 案

    ⑦三味線の爪弾くを聞く居待ち月  ラッシユ⇒待つ
    ⑧家で待つ女房一人十六夜     ホーム⇒家  
0人がいいねと言っています
39
麦秋さん
2015.12.11 21:59
五(秋の月)付句案
道長も絶賛したる秋の月
遣唐使故郷思ふ秋の月
0人がいいねと言っています
38
削除されました。
37
削除されました。
36
削除されました。
35
secchanさん
2015.12.9 23:23
人あまた大沢の池観月会(ラッシュアワー→人あまた)secchan
我が家の窓辺を照らす秋の月(ホーム→マイホーム・我が家)secchan
0人がいいねと言っています
34
削除されました。
33
昇峰さん
2015.12.9 20:53
しょうくさん、付句お選びいただきありがとうございます。表六句の五は、月の定座です。
五七五で、秋の月を詠んでください。ホームや列車から見た月、家路で見上げた月、さて
さて、みなさんからはどんな月が見えたのでしょうか。

五の捌き役を受けましたので、付句案をたくさんお寄せ下さい。
0人がいいねと言っています
32
しょうくさん
2015.12.9 9:33
さて、連衆の皆さんの句がそろったようですね。
花蓮さんの句いただきたかったのですが、無季のつけ句なのですが、小雪・焚火と季語が重なってしまっていましたので、残念。
 場を思い切って現代に戻してみたくなりました。そこで、ラッシュアワーの場へ動きます
   ② ラッシュアワーで混みあうホーム  昇 峰
 で治定いたします。 昇峰さん次の捌きお願いします。
0人がいいねと言っています
31
削除されました。
30
昇峰さん
2015.12.9 7:41
⑦ おつると名乗るむすめ巡礼
⑧ 真綿のような雲うかぶ空
0人がいいねと言っています
29
麦秋さん
2015.12.9 0:59
四(無季)付句案 
いざや行こうよ奥の細道
行くも帰るも予定は無しで
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
67ページ
関連記事