メニュー
ゲストさん

連句入門

08.歌仙「山寺の巻」

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2015.12.1
【山寺の巻】  (起首271201)

表(オモテ)
 発句         山寺の一夜の宿の置炬燵         外園タミ女
 脇句(冬)        障子に映る子だぬきの影      secchan
 第三(無季)    先達の手甲脚絆真白にて         しょうく
 四(無季)        ラッシュアワーで混みあうホーム  昇 峰
 五(秋の月)    遣唐使ふるさと思ふ今日の月       麦 秋
 六(折端・秋)      濃霧に沈む比叡の堂宇       secchan
  
裏(ウラ)
 一(折立・秋)   四万十川の川面荒立つ下り鮎       昇 峰
 二(無季)        竜馬の望む遠くアメリカ      麦 秋
 三(無季・恋)   裏木戸にそっと手招き手燭消し      しょうく
 四(無季・恋)      一オクターブ上げて「おはよう」  花 蓮
 五(無季)     知らぬ唄ばかり紅白歌合戦        昇 峰  
 六(無季)        孫に教える伝統行事        secchan
 七(夏の月)    肌脱ぎで月に一献差し上げる       麦 秋
 八(夏)         光微かに蛍火ゆれて        しょうく
 九(無季)     水爆を選ぶ孤立の恐ろしさ        昇 峰
 十(無季)        SFならぬ猿の惑星         secchan
 十一(春の花)   酒蔵を出て向かう先花の山        昇 峰
 十二(折端・春)     買物忘れつくしんぼ摘む      花 蓮
        
名残の表(ナオ)
 一(折立・春)   春寒し何をするにもマイナンバー     昇 峰
 二(無季)        巧みに聞くは生年月日       麦 秋
 三(無季)     コロンボも杉下右京も名刑事       secchan
 四(無季)        サスペンス見て夜を眠れず     昇 峰 
 五(冬)      子の刻の煮込みうどんに力餅       花 蓮
 六(冬)         寒稽古終え握手しつかり      麦 秋
 七(無季)     思い出はフォークダンスの青春歌     secchan
 八(無季・恋)      紅さし指をじっとみつめて     しょうく
 九(無季・恋)   背を向けば愛しいおまえと声かかる    花 蓮
 十(無季)        腹がふくれて出来ちゃった婚    昇 峰
 十一(秋の月)   望の月海に浮かべる利尻富士       しょうく
 十二(折端・秋)     原生林に啄木鳥の音        secchan
       
名残の裏(ナウ)
 一(折立・秋)   編笠に隠す情念風の盆          しょうく
 二(無季)        本当は怖いトランプ占い      昇 峰
 三(無季)     五年経ち事故処理未だ目処立たず     secchan
 四(春)         雁風呂の小屋締め切ったまま    しょうく  
 五(春の花)    ランドセル花咲く下を通り抜け      花 蓮
 六(挙句・春)      未来を約す卒園の門        麦 秋
       
                           (満尾280321) 
書き込み
 戻る次へ 
77ページ
28
削除されました。
27
secchanさん
2015.12.8 8:48
四(無季)案

国境越えて医師団活躍(白→医師の白衣)secchan
下町ロケット宇宙へ旅立つ(手甲脚絆→旅)secchan
0人がいいねと言っています
26
削除されました。
25
昇峰さん
2015.12.7 20:31
四(無季)付句案
① オービーとなり探す草叢(白⇒ゴルフボール)
② ラッシュアワーで混みあうホーム(白⇒ホームの白線)
0人がいいねと言っています
24
しょうくさん
2015.12.7 13:34
secchanさん
拙句選んでいただき驚いています。山寺が遍路宿だった、そんなことを考えていましたので、
 何となくくっつきすぎかなと反省していた句です。
連衆の皆さま、(四)も無季です、五の月につながりますように、しかしつきすぎないようにお待ちいたしております。今度は、七、七です。
0人がいいねと言っています
23
secchanさん
2015.12.6 20:30
第三(無季)の投句沢山頂きましてありがとうございます。ふつつかながら治定させていただきます。
心惹かれる句がいくつもありましたが、昇峰さんのおっしゃる第三の「転じ」を考え旅姿の先達に新しい旅を託したいと思い③のしょうくさんの句をいただきます。
第三(無季) 先達の手甲脚絆真白にて しょうく

しょうくさま 四(無季)の捌きをよろしくお願いします。
0人がいいねと言っています
22
削除されました。
21
削除されました。
20
昇峰さん
2015.12.6 10:46
麦秋さん、第三は五七五でお願いします。
0人がいいねと言っています
19
麦秋さん
2015.12.5 20:53
付句案 麦秋

お経とゴスペルコラボレーション
僧籍なれど悟りまだまだ
0人がいいねと言っています
18
昇峰さん
2015.12.4 9:39
付句案
⑥ エンドロール終りてもなほ眠りおり  昇 峰(映る=映画)
0人がいいねと言っています
17
昇峰さん
2015.12.4 6:45
歌仙は、第三で「転じ」なければなりません。私の①案は、山寺と和尚が近いので、「打越」と言ってタブー(前々句に戻る=観音開き)の付句になります。⑤案も山寺に連想がつながりますので、タブーとなります。私も別案を考えることにします。
0人がいいねと言っています
16
削除されました。
15
しょうくさん
2015.12.3 15:51
連衆の皆さん、久しぶりです、secchanさんの子たぬき、俳味十分と感心して拝見しました。

 さて、三句どう転じようかと考えました。
 三 無季 (案)
    ③ 先達の手甲脚絆真白にて しょうく ( 障子⇒白)
    ④ 満腹の腹撫でまわしあくびして しょうく (狸⇒腹)
0人がいいねと言っています
14
昇峰さん
2015.12.3 13:46
第三付句案 ① 笛太鼓和尚は耳が遠すぎて    昇 峰(狸⇒證誠寺・腹鼓⇒和尚)
      ② 三歳でスマホは親を凌駕して   昇 峰(子⇔親)
0人がいいねと言っています
13
secchanさん
2015.12.3 12:34
昇峰さま

拙い句をお選び頂きましてありがとうございます。
久しぶりに連句の世界にお連れいただき嬉しく思っています。
ふつつかながら第三の捌きを承ります。
連衆の皆さま第三(無季)五七五の付け句 沢山の投句を
お待ちしております。
0人がいいねと言っています
12
昇峰さん
2015.12.3 9:32
連衆のみなさん、お久しぶりにもかかわらずお集まりいただきましてありがとうございます。休暇明けとは思えない佳句をたくさん付けていただき、ありがとうございます。いずれも発句を補完するに十分な挨拶で、捌き役としては初っ端からうれしい悲鳴をあげざるをえません。歌仙を楽しく進めたいと思いますので、ここは俳諧味ゆたかなsecchanさんの付句案 ⑤「障子に映る子だぬきの影」を頂きたいと思います。ふと木更津にある證誠寺を思い出しました。

secchanさん、第三の捌き役をお願いします。
 
0人がいいねと言っています
11
麦秋さん
2015.12.3 5:56
昇峰さんお招き頂き嬉しく思います。連衆の皆様宜しくお願いします。

座敷わらしと囲炉裏を囲む 麦秋
白足袋きりと居合の稽古 麦秋
0人がいいねと言っています
10
削除されました。
9
削除されました。
8
削除されました。
7
削除されました。
6
削除されました。
5
secchanさん
2015.12.2 0:31
脇句 案

① 障子に映る子だぬきの影secchan
② 蒲団の中で民話を語るsecchan
0人がいいねと言っています
4
削除されました。
3
しょうくさん
2015.12.1 14:32
 脇 案
         ① 隙間風かな電球揺れる  しょうく
         ② 火の用心の寒柝ひびく  しょうく     
0人がいいねと言っています
2
昇峰さん
2015.12.1 9:41
脇句  ① 蜜柑食べ食べ尽きない話    昇 峰 
    ② 雪投げしてはすぐ戻りくる   昇 峰  
0人がいいねと言っています
1
昇峰さん
2015.12.1 9:16
しばらく旅の疲れを癒しているうちに一年余の月日が経ってしまいました。旧スローネットで松島まで歩いてきましたので、今回は立石寺からのスタートです。連衆の皆さま、よろしくお付合いいただきますようお願い申し上げます。

先ずは、表六句で、いちばんしきたりの多いところから始めます。脇句は、七七で付けてください。発句と同じ冬季の季語を入れて、発句と同じ時(夜)、場所(宿)で発句の言い得ていないところを補完する気持ちで、付けてください。七七の最後は「頃」か「名詞」「体言」で留めます。最初の捌き役は私が勤めさせていただきますが、それから先は、付句を選ばれた連衆の皆さんで、順次捌いていただきますようお願いします。
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
77ページ
関連記事