メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

すぐ眠れる枕がなんと「たわし」常識を超えた反響

「最近すぐに目覚めてしまう…。年齢のせいなのかな?」というシニア世代の皆さまに朗報です! すぐに眠れると大反響の枕をご存知でしょうか? 17万人が予約待ちするという「悟空のきもち」から常識を超える「たわし」が登場しました。実はコレ、枕なんです。

睡眠用たわし? すぐ眠れるとリピートが相次ぐ最新まくら

10分で多くの人が眠ってしまう頭のマッサージが人気の「悟空のきもち」。東京・関西に店舗を構える同店は17万人が予約待ちをし、予約開始から1分ですべての予約枠が埋まってしまうほどの人気店です。そんな睡眠の専門店「悟空のきもち」が、頭と睡眠の関係を研究する過程で、入眠や睡眠中、起床後の爽快感などどの面で見ても、まくらより「タワシ」が優れているという企画が進められました。

悟空のきもち企画のもと、創業87年の「やさしいたわし」を展開する純国産タワシシェア1位の老舗「高田耕造商店」の制作協力を受け、世界初の睡眠に特化した「睡眠たわし」が発売。

すぐ眠れる枕がなんと「たわし」常識を超えた反響

このタワシ、枕ではよく眠れなかったという人も「すぐに眠れた」「今までよりも眠りが深い」と大きな反響を呼び、クチコミ、リピート注文で人気が急拡大。発売1ヶ月で6,000個超を売り上げる大ヒットとなっています。大反響に合わせて、生産量を4倍に増やすも4〜5ヶ月待ちという状況が続いています。

枕よりもタワシがいい? タワシが優れている3つの理由

眠る時には枕を使うもの。長い間、睡眠といえば「枕」と考えられてきました。ところが、売れているのは「タワシ」。本当にタワシは優れているのでしょうか?
タワシはそもそも圧倒的な通気性を誇ることで有名。頭は、古来より頭寒足熱というように温めないほうが良いとされています。
通気性は睡眠とどのような関係があるのでしょうか?

「起きた時ぼーっとする」「なかなか起きられない」といった方は、睡眠中に頭を温めすぎていることが原因かもしれません。
タワシは通気性がよく、温度が上がりにくいため枕と比較し5℃も温度が低いんだとか。この温度の低さが爽快に起きられることにつながります。起き抜けに寝ぼけてしまう方なんかも、枕の温度を下げることですっと目覚めることができるようになります。
また、入眠はある程度頭皮に刺激があったほうがいいんです。柔らかく包まれるような枕よりも。頭皮に少しだけ刺激があったほうが入眠に導くと、睡眠の研究を続ける「悟空のきもち」は話します。

そこで頭皮に柔らかいタワシの刺激を与えることで、より入眠効果を高めています。
さらに枕は使い続けるとどんどん重くなるってご存知でしたか? 2年ほど使った枕は買ったときよりも重くなっているんだとか。2年使った枕の30%は、ダニやダニの糞・死骸などの蓄積といわれています。タワシは通気性がよく、毎日洗ってもすぐに乾くので、圧倒的な清潔さを持っているのです。
「なんでわざわざ枕にたわし?」と思いましたが、たわしはこれだけ優れているんですね。

タワシづくりにこだわり! 職人技で仕上げられるタワシ

「悟空のきもち」のタワシ作りの出発点は「寝具メーカーよりも快適な枕を」ということ。長年快適な眠り、寝入りを研究し続ける「悟空のきもち」はなんど実験を重ねても、枕では快適な睡眠にならない、と結論に達しました。
枕の検討中、試しに一般的なタワシを使ってみたそう。しかし、普通のタワシでは想像通りかなり眠りにくかったことから断念。
そこで、野菜や身体を洗うことができる「やさしいたわし」を展開する老舗タワシメーカー「高田耕造商店」に協力を依頼。熟練の技と経験を持つタワシ職人と半年間綿密な打ち合わせの末、「眠れるたわし」は完成しました。

純国産タワシシェア1位の老舗「高田耕造商店」

タワシと聞くと、ゴシゴシ洗うとても固いものを想像しがち。しかし、この商品の元になっているものは体も洗える柔らかいタワシということもあって手触りはソフトです。肌触りもすごく優しいタワシなので、枕として使っても違和感はないでしょう。
こうした枕づくりの経験から

「はじめは違和感がありますが、徐々に慣れていくことで入眠速度はもちろん、起床後の爽快感など、やみつきになる。そんな魅力を睡眠用たわしは持っています」

と「悟空のきもち」は話します。
予約5ヶ月待ちの睡眠タワシ。最近早く目覚めてしまう、というシニア世代の方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

予約購入はこちらから

「悟空のきもち」すぐ眠れるたわし

「睡眠用たわし」予約購入はこちらから
【商品名】睡眠用たわし
【カラー】白、茶
【価格】¥9,800 (税抜)
※アマゾンペイ、楽天ペイ、クレジットカード決済、代金引換対応
※予約商品の為キャンセル・返品不可

<関連記事のご紹介>
日本一予約の取れない「絶頂睡眠」 大阪心斎橋に「たべない睡眠スイーツ店」オープン
【けんこうアプリ調査隊】その睡眠はよい睡眠ですか?―睡眠時間や眠りの深さをアプリで計測
睡眠の質がアルツハイマーリスクに関係 米研究者「日中の眠気も危険信号」

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年11月21日

健康・美容

軽い歯周病が肺炎につながることも!歯周病予防のために普段からできること

歯の健康に普段から気をつかっていますか? 歯の病気のひとつである歯周病は生活習慣病とも深い関わりがあるそうです。 また、高齢者が亡くなる原因でもある誤嚥性肺炎とも関係がある...
NEW!
2019年11月20日

健康・美容

【仮面高血圧】病院ではかったら正常、家で測ったら高血圧。どっちが正しいの?

血圧を日頃家で測定している方も多いかと思います。 家で測定すると正常の範囲内に収まっている血圧ですが、病院で測定すると高くなることってありませんか? また、その反対の場合もあり...
NEW!
2019年11月18日

健康・美容

【寒がり】他の人より寒さを強く感じる…。寒がりな人にオススメの対策方法とは?

特に夜は肌寒く、厚着して出かけている、という方も多いのではないでしょうか? 各地で雪の便りが届きはじめるなど、本格的な冬の足音が聞こえてきます。 そんな時期は「冷え」で悩む...
2019年11月14日

健康・美容

目の健康を守るために大事な成分とは?「ルテイン」の積極的摂取が有効!

早いと40代から始まる老眼。 手元のものがぼやけて見えたり、複数に見えたりなど、不便が生じますよね。 また、最近ではパソコンやスマートフォンを日常的に見る人も多くなっている...
2019年11月13日

健康・美容

足の筋肉が「ピクピク」、寝るときい「つる」。もしかすると「マグネシウム不足」かもしれません

ちょっと歩いたり、立ったりしていただけで疲れてしまったり、足の筋肉が突然ピクピク動いたり、寝るときに腕や足がつるといった症状が起きる方。 原因は「マグネシウム不足」かもしれません...
2019年11月12日

健康・美容

【予防接種】季節の変わり目、インフルエンザに引っかかる前に予防ワクチンを!

そろそろ流行の兆しが見えるインフルエンザ。 毎年重篤な症状となり、亡くなる方が多数いる大変恐ろしい病気です。 特に気をつけたいのが免疫力の弱い子どもや高齢者。 症状が重症...