メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

口の臭いや乾きが気になる。歯磨きだけじゃ足りない? シニア世代に必要な口腔ケアとは

「歯磨きは欠かさないのになんだか口の臭いが気になる」「歯茎が腫れることがある。」 もしかすると、いつもの歯磨きだけでは足りないのかもしれません。正しい口腔ケアはどのように行えばよいのでしょうか? いつまでも健康な自分の歯で、美味しい食事を楽しみたいもの。今回は自歯、インプラント、入れ歯にわけて、正しい口腔ケアについてご紹介します。

歯磨きだけじゃ足りない!? シニア世代に必要な口腔ケアとは

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

なぜ口腔ケアをきちんとしなければならないのか

おいしい食事や自立した生活は、健康は口腔内環境があってこそ。
一生涯食事をたのしみ、健康的な生活を送るにはお口と歯の健康を保つことが必要です。
まずは口の機能をチェックしていきましょう!

・固いものが噛みにくい
・お茶や汁物でむせてしまう
・飲み込むのがつらくなってきた
・口が乾く
・口の臭いが気になる

どれかひとつでも当てはまった方は、まず歯科医に相談の上、いますぐに口腔ケアを始めましょう!
とくにシニア世代は歯磨きだけでは足りません。
虫歯などはまずしっかりと治療を。入れ歯を入れている方、インプラントを入れているかたも、定期的に歯科に通院し、しっかりと食べ物を噛める状態なのかチェックを行いましょう。

虫歯も気がつけばできていたり、放置したりしているとどんどん悪化し、歯がボロボロになってしまいます。定期的な歯科医院通院は健康な歯への第一歩です。
毎日行う歯磨き。しかし、磨き残しがあっては意味がありません。
磨き残しがあると、口の中の最近が肺に入って肺炎を引き起こすこともあるのです。
磨き残しがないよう、歯や舌、入れ歯はしっかりと磨きましょう。

口の機能を保つためには、顔の体操も必要です。
舌、頬、唇を動かしたり、マッサージをしたりして、お口の機能を保ちましょう。

最後は必ず歯科医に相談を。かかりつけの歯科医があれば3ヶ月に1度など定期的に検診を受けましょう。80歳まで自分の歯をしっかりと残すことも可能です。
健康的な歯を目指していきましょう。

正しい口腔ケアを行おう

正しい歯磨きは10日続けるだけでも大きな効果が得られます。
最近の歯科医では歯磨き指導までしてくれるので、歯科医に相談するのがベスト。ここでは一般的な歯磨き方法をご紹介していきます。

1.歯の外側は歯にまっすぐ歯ブラシを当て、軽く振動するように小刻みに動かす(30回程度)
このとき、歯は1,2本ずつ、丁寧に磨いていきましょう
2.歯の内側は45度に角度をつけて歯ブラシを充てる
3.一番奥の歯の後ろ側は歯ブラシの毛先を使って
4.歯と歯の間はデンタルフロスを使用

ここでのポイントはデンタルフロス
歯ブラシだけで磨いた場合は汚れの60%しか落とせないようです。
糸ようじのようなデンタルフロスを使用することで90%以上汚れが落とせるようになるので、歯磨きの際はぜひ使用しましょう。
口臭予防にもつながっていきます。
歯磨きは小刻みに、丁寧に磨くことがコツです。

自歯、インプラント、入れ歯別ケア

自分の歯のケアは上の方法を参考にしてみて下さい。
最後に書きましたが、糸ようじ(デンタルフロス)がポイント。
虫歯の可能性も減らせるので、ぜひ活用していきましょう。

インプラントの方は歯周ポケットが深くなりがち。歯茎もしっかりと磨きましょう。
なるべく歯ブラシを細かく動かし、ブラシで汚れをかき出すイメージをもって磨くと良いでしょう。
あまり強く磨いてしまうとインプラントに傷が付いてしまう可能性があります。
ブラシの選択や歯磨きの方法まで、しっかりと歯科医に教えてもらうと良いでしょう。

入れ歯の方はポリデントやタフデントといった洗浄剤とともに、超音波洗浄機がおすすめです。
超音波による細かい振動でしっかりと汚れを落としてくれるので、ぜひ購入をおすすめします。
安いものでは1つ3000円ほどで購入できるので、手軽に導入できます。
使い方は水を入れて、入れ歯を洗浄機に入れてボタンを押すだけ。
たったこれだけで清潔な入れ歯を維持できるので、購入がおすすめです。

歯は一生の友。
健康な口内環境を保つために、毎日の歯磨きを見直してみましょう。

【関連商品のご案内】

口臭に役立つ歯磨き粉のコンクールF 895円
舌ブラシ W-1 アソート 1,323円
入れ歯洗浄剤 部分入れ歯用 ポリデント 108錠 754円

<こちらの記事もおすすめ>

【虫歯の最新治療】治療は10分痛みなし!最新の虫歯治療エルビウムヤグレーザーって?

シニア世代で実は減っている「入れ歯」の人たち

身長の低い人ほど虫歯になりやすい? 国立がん研、日本人を対象に調査をしてみると…

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. 生活は、健康は口腔内環境→生活は、健康な口腔内環境
    最近→細菌
    1、当て、 2、充てる →1、当て、 2、当てる

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年8月19日

健康・美容

熱中症かな? と思ったら、すぐにやる3つのこと

「なんだか暑くて頭がぼーっとする……」 もしかするとそれ、熱中症のサインかも知れません。 熱中症が心配な季節。 「私は大丈夫」と思っていても、気温・室温が上がったり、...
NEW!
2018年8月13日

健康・美容

老眼でも読書が快適に! ハズキルーペの魅力

「最近テレビCMでよく見かける、ハズキルーペって本当に便利なのかな?」 最近話題のハズキルーペ。 老眼鏡などのメガネとは違い、文字などを拡大してみるための「ルーペ」というの...
2018年8月3日

健康・美容

【オムツの新常識】アクティブシニアに最適なおむつが続々登場!

「なんだか最近ちょっとしたことで尿もれしてしまう」 介護向けのイメージが強いシニアのオムツ。 しかし最近は、積極的に活動するために使うという人も増えてきました。 ...
2018年8月2日

健康・美容

包茎を手術でスッキリ解消、介護の準備にも

「歳を取っての包茎。使う予定もないし、どうでもいい」 包茎手術は若い人たちだけのモノではありません。 加齢にともないペニスが委縮したり、皮が伸びたりなどして、包茎になる...
2018年7月27日

健康・美容

もしかしたら認知症かも?誤認しやすい老人性うつ

「なんだか最近ぼーっとしている……」 毎日共に過ごす配偶者が発する細かなサイン。 以前と比べ、ぼーっと呆けた表情が増えてきたな? と感じることはありませんか? 年齢を...
2018年7月20日

健康・美容

医療費負担増!?医療費節約のポイントとは?

「4月から医療費が高くなった」 と感じた方も多いのではないでしょうか? 毎年改正を続けられる医療費ですが、今年4月に診療報酬が大きく改定され、実際に病院にかかったときに支払う...