メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

体を動かすときは、ひとりよりも夫婦や友人と 運動の効果を高め、自立した生活につながる

趣味、運動、地域行事、最も効果があるのは?

毎日の健康のため、いつまでも自立して過ごすため、ウォーキングやスポーツで体を動かしているという人は、少なくないでしょう。

では、そうした運動の効果を高めるにはどうすればいいか。「ひとりではなく、誰かと一緒に運動をする」のが望ましいと、筑波大学の研究チームが発表しています。

研究チームは、厚生労働省が全国で実施している中高年の健康調査のデータをもとに、2005年と2010年を比較しました。

「趣味の活動」「運動」「地域行事への参加」の中で、どれが日常生活の動きを若々しく、自立した状態に保つ効果があるのか。5年間の推移を調べました。

たまには一緒、では効果なし

その結果、男性も女性も、「運動」が最も効果的だということがわかりました。でも、そこには、ある条件がありました。

それは、「常に夫婦や友人など、他の人と一緒になって運動をしている」ということです。

ひとりで運動をしている人には、自立した日常生活の動きを保つ効果がほとんど見られませんでした。残念ながら、「たまには誰かと一緒にやっているけど、普段はひとり」という人でも効果がありませんでした。

ただし、今回の研究は、運動による筋力維持などの効果を否定しているわけではなく、あくまでも、日常生活の動きに与える影響を検証しています。

今年こそは運動を始めようという人は、誰かを誘って始めるか、グループに入るのがよさそうですね。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
NEW!
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...