メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

自分でできる認知症チェック


グレーゾーンは予防を始めるチャンス

「最近もの忘れが増えたかも」――多少の不安を感じていても、自分自身で医療機関を受診する人は、ほんの一部だそうです。

公益社団法人「認知症の人と家族の会」が2013年に行った調査によると、認知症かもしれないと気づいてから最初に医療機関を受診するまでにかかった期間は平均で9.5カ月、64歳以下では1年以上かかっている人の割合が多いということがわかりました。

受診が遅れた理由で多かったのは、「年齢によるものと思っていた」「医療機関を受診するのに抵抗があった」というものでした。

認知症は、早い段階から治療を始めれば、改善が可能な場合や、進行を遅らせることが可能な場合があります。自分が認知症かもしれないというのは、たしかに受け入れがたいことですが、「もっと早く相談していれば」と後悔しないためにも、ちょっと変かな、という小さなサインを見逃さないことが大切です。

まずは認知症セルフチェックから

認知症の中でも特に多いのがアルツハイマー型認知症です。発症すると確実に進行する一方、薬や生活習慣の改善で進行を抑制できることがわかっています。しかし、初期の主症状である記憶障害は、単なる加齢によるもの忘れと区別がつきにくいため、本人も家族も気づきにくいと言われています。

「ひょっとして・・・」と心配を感じたら、自治体などが作成している認知機能のセルフチェックテストを利用して自分でチェックしてみてはいかがでしょう。

東京都では、「認知症の人にやさしい東京をめざして――知って安心認知症」パンフレットの中に、「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」を掲載しています。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/05/20o5u200.htm

ますは、自分のもの忘れの原因が加齢によるものか、そうでないか、確認してみましょう。

<こちらの記事もおすすめ>

【ちょこっと脳トレ!】いくつ読める?京都の難読地名

脳トレドリル。まずはお試し980円

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...