メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V82
 

自分でできる認知症チェック


グレーゾーンは予防を始めるチャンス

「最近もの忘れが増えたかも」――多少の不安を感じていても、自分自身で医療機関を受診する人は、ほんの一部だそうです。

公益社団法人「認知症の人と家族の会」が2013年に行った調査によると、認知症かもしれないと気づいてから最初に医療機関を受診するまでにかかった期間は平均で9.5カ月、64歳以下では1年以上かかっている人の割合が多いということがわかりました。

受診が遅れた理由で多かったのは、「年齢によるものと思っていた」「医療機関を受診するのに抵抗があった」というものでした。

認知症は、早い段階から治療を始めれば、改善が可能な場合や、進行を遅らせることが可能な場合があります。自分が認知症かもしれないというのは、たしかに受け入れがたいことですが、「もっと早く相談していれば」と後悔しないためにも、ちょっと変かな、という小さなサインを見逃さないことが大切です。

まずは認知症セルフチェックから

認知症の中でも特に多いのがアルツハイマー型認知症です。発症すると確実に進行する一方、薬や生活習慣の改善で進行を抑制できることがわかっています。しかし、初期の主症状である記憶障害は、単なる加齢によるもの忘れと区別がつきにくいため、本人も家族も気づきにくいと言われています。

「ひょっとして・・・」と心配を感じたら、自治体などが作成している認知機能のセルフチェックテストを利用して自分でチェックしてみてはいかがでしょう。

東京都では、「認知症の人にやさしい東京をめざして――知って安心認知症」パンフレットの中に、「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」を掲載しています。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/05/20o5u200.htm

ますは、自分のもの忘れの原因が加齢によるものか、そうでないか、確認してみましょう。

<こちらの記事もおすすめ>

【ちょこっと脳トレ!】いくつ読める?京都の難読地名

脳トレドリル。まずはお試し980円

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...
2017年9月21日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】加賀百万石 石川の難読地名いくつ読める?

北陸新幹線が開通し、注目を集める石川県。江戸時代に花開いた加賀百万石文化が今なお根付いており、日本3名園のひとつ「兼六園」をはじめ、藩政期の面影をとどめた美しい街並みなど、...
2017年9月20日

元気のヒント

台所で排泄物並みに汚染されているものは… 一番綺麗にしておきたいスポンジだった

家庭で使用されたスポンジを調査すると 食器を洗うためのスポンジには多数の菌が繁殖していることはよく知られています。 除菌スプレーを吹きかけたり、熱湯消毒をしたり、除菌が...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円