メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

健康のためのウォーキング ベストな「歩数」とは?

13年間、5000人のデータを分析

健康を維持するには、1日にどのくらい歩けばよいのでしょうか。

その目安がわかる研究データがあります。東京都健康長寿医療センター研究所が群馬県中之条町の65歳以上の住民約5000人を対象に、2000年から13年間にわたり実施した「中之条研究」です。

研究では、身体活動(歩き)と病気予防の関係を調べるため、参加者全員に生活習慣や病気の有無など詳細なアンケート調査を実施。うち2000人に対して遺伝子検査や血液検査を行い、さらに500人には身体活動計を持たせ、24時間365日の身体活動状況をモニターしました。

その結果、健康維持や病気の予防、健康寿命の延伸には、「平均1日8000歩、中強度の運動20分」を目安にするとよいことがわかりました。

中強度の活動とは、その人の年齢や体力にもよりますが、手軽に取り組めるものには、速歩きやラジオ体操などがあります。

1年間で帳尻合わせ

データに基づき、さまざまな病気の予防に有効な歩数と中強度活動時間の目安が示されました。たとえば、うつ病予防には4000歩、中強度の活動5分以上。4000歩のうち5分間を速歩きにすれば、中強度活動の目標は達成できます。さらに、5000歩・7.5分以上で認知症、心疾患、脳卒中の予防、7000歩・15分以上でがんや骨粗しょう症の予防、8000歩・20分以上で高血圧症、糖尿病の予防…などとなっています。

歩数や活動時間が多いほどよいわけではなく、過度な運動は逆効果になるおそれがあることから、健康維持にもっとも望ましい活動量は「年間を通して1日平均8000歩、そのうち20分間は速歩き」という結果が導き出されました。

速歩きは連続20分でなくてもOK。また、「年間を通して」というのもポイントです。天候や、体調が悪い時には無理をせず、体調のよい日には少し多めに歩くなど、自分の体と相談しながら、ウォーキングを楽しみましょう。

コメント
  1. ウォーキングの歩数はこれまで一日約1万歩を目安にしていましたが、ちょっぴりしんどかった。8000歩で早歩き20分だったら少し気が楽になりました。頑張ってみよう。

  2. 脳梗塞診断を受け、現在月1~2回脳神経外科など関係診療機関で定期診療を受けています。適度の運動を! と思ってますがどのようにすれば良いのかお教えください。

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
NEW!
2017年8月23日

元気のヒント

缶ビール1日1本でも「脳の健康」に悪い影響 英オックスフォード大、30年の追跡結果を発表

脳の健康に飲酒が与える影響は 飲酒は「脳の健康」にどんな影響があるのか。英オックスフォード大学の研究者らの調査がまとまりました。 研究は1985年から30年間生活習慣を...
NEW!
2017年8月21日

元気のヒント

高齢者の6割は水分不足。「トイレ心配」で熱中症に…

熱中症で搬送、半数が高齢者 総務省消防庁の発表(8月15日付)によると、5月以降、8月2週目までに熱中症で救急搬送された人は累計4万人を超え、昨年の同時期に比べて1割以上多く...
NEW!
2017年8月20日

元気のヒント

クロスワードで認知機能が改善される? 国際アルツハイマー会議で最新調査が発表

「脳トレ」のエビデンスはない 認知症の予防などで、クロスワードのような「脳トレ」が効果があるのか。 2017年7月17日にロンドンで開催された最新の国際アルツハイマー会...
NEW!
2017年8月19日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】JR四国の難読駅名 あなたはいくつ読めますか?

JR四国は1987年に発足しました。四国四県と岡山というJR旅客6社の中で最小規模なものの、総営業キロ数は約855キロにも及びます。 この難読駅名、いくつ読めるか挑戦してみてくだ...
NEW!
2017年8月18日

元気のヒント

【けんこう歳時記】8月18日――糸ようじが強烈にクサイ。なぜ…?

歯間清掃率低い日本 40代から増える歯周病。予防には、ブラッシングに加えて、デンタルフロスや糸ようじなどを利用して、歯間の掃除をすると効果的です。 ところが、日常的に歯...
NEW!
2017年8月17日

元気のヒント

ヨガを実践している女性は脳も健康 集中力が求められる動作に秘密がある?

ヨガをしている人とスポーツをしている人を比較 加齢による認知機能や注意力、記憶力の低下の大きな要因となっているのが、大脳の表面に広がる「大脳皮質」という部位の委縮です。 ...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室