メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V82
 

尿酸値、正常範囲内でも実は危険だった 大阪市立大、健康診断の常識を覆す発見

尿酸値は高すぎても低すぎてもダメ

健康診断などを受けた際に検査項目に含まれている「尿酸値」は、血液中の「尿酸」という物質の濃度を表すものです。

男女ともにこの値が「7ミリグラム/デシリットル」までは基準値。これを超えると異常となり高尿酸血症と呼ばれ、痛風のリスクが高くなることはよく知られています。また、糖尿病や高血圧、動脈硬化といった生活習慣病や内臓機能の障害との関係も指摘されており、気をつけたい数値のひとつです。

高いだけでなく、「2ミリグラム/デシリットル以下」と非常に低い場合は低尿酸血症とされ、急性腎不全や尿路結石のリスクが高まることもわかっています。つまり、2~7ミリグラム/デシリットルの範囲内であれば正常範囲と考えられてきました。

しかし、大阪市立大学の研究者らが腎臓のドナー(移植用の提供者)候補で尿酸値も正常範囲にある男女48人の腎臓を精密検査したところ、意外な事実がわかりました。

これまでの正常範囲は広すぎる?

ドナーの年齢や体重、性別、血圧などを均等になるよう調整し、腎臓の状態を分析してみると、尿酸値が正常範囲であるはずの2~3.5ミリグラム/デシリットルや6~7ミリグラム/デシリットルの人たちの腎機能が低下しており、腎臓の血流量も低下傾向にあることが確認されたのです。

つまり、これまで考えられていた正常範囲が実際には「正常」とは言えず、より狭い範囲内で尿酸値を保つことが、腎臓を保護するうえで非常に重要であることがわかりました。

研究者らは慢性腎臓病は一旦発症すると正常に戻すことはとても困難なため、腎臓病の予防・早期発見は急務であるとし、「数値は低ければ引くほどいい、正常範囲であればいいといった考え方を改め、本当に適正な尿酸値コントロールを実現するにはどのような方法が効果的なのかを引き続き調査していく」とコメントしています。

コメント
  1. cheap insurance for cars
    [url="https://7auto24insurance.org/"]cheapest auto insurance[/url]
    cheapest auto insurance
    best auto insurance

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...
2017年9月21日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】加賀百万石 石川の難読地名いくつ読める?

北陸新幹線が開通し、注目を集める石川県。江戸時代に花開いた加賀百万石文化が今なお根付いており、日本3名園のひとつ「兼六園」をはじめ、藩政期の面影をとどめた美しい街並みなど、...
2017年9月20日

元気のヒント

台所で排泄物並みに汚染されているものは… 一番綺麗にしておきたいスポンジだった

家庭で使用されたスポンジを調査すると 食器を洗うためのスポンジには多数の菌が繁殖していることはよく知られています。 除菌スプレーを吹きかけたり、熱湯消毒をしたり、除菌が...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円