メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

グルコサミンに痛みを緩和する効果なし 欧米の学会は有効性を全面的に否定

諸条件で効果を厳密に検証

関節や軟骨に含まれる「グルコサミン」は、経口摂取すると関節炎によるひざなどの痛みが緩和できるとされ、サプリメントとしても目にすることが多い成分です。

しかし、その有効性には医師や専門家から疑問の声が出ており、国際変形性関節症学会や米国立衛生研究所などが発表しているひざの痛みの治療ガイドラインでは「グルコサミンの有効性は全面的に失われている」と効果を否定しています。

栄養成分などの効果は個々人の生活習慣や健康状態によって変化する可能性もあり、英国やオランダ、スウェーデンなど欧州の複数の整形外科医たちが2017年7月28日、共同で検証に取り組んだ結果を英国医師会誌で発表しました。

研究は1994~2014年の間に発表された、1600人以上の被験者を対象とし、グルコサミンを飲んだ場合と飲んでいない場合の関節の状態を、3か月、1年、2年と長期間追跡、比較している信頼度の高い研究論文6本を解析するというものです。

被験者のひざの痛みの重症度や年齢、BMI、性別など様々な条件ごとで効果の度合を検証し、条件が変わった場合は効果がでるなどの変化がないかも厳密に分析しています。

効果がなく副作用が出る可能性も

分析の結果、6本の研究すべてでグルコサミンの効果はなにも確認されておらず、異なる条件ごとの分析でもやはり何の効果も出ていないことがわかりました。

分析した研究の中ではグルコサミンを飲むグループと、グルコサミンではない偽薬を飲むグループに分けて比較したものもありますが、偽薬を飲んだグループの方が高い効果を示す結果となったものもあったようです。

効果はなくても本人が満足しているなら問題はないと考えることもできますが、研究者らはグルコサミンには胸やけや眠気、頭痛、アレルギー反応、体重増加、下痢、腹痛といった副作用があると指摘。効果がなく副作用の可能性があるものをわざわざ飲む必要はないとコメントしています。

 

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...