メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

台所で排泄物並みに汚染されているものは… 一番綺麗にしておきたいスポンジだった

家庭で使用されたスポンジを調査すると

食器を洗うためのスポンジには多数の菌が繁殖していることはよく知られています。

除菌スプレーを吹きかけたり、熱湯消毒をしたり、除菌ができる洗剤をかけたりとさまざまな方法で除菌をしようとしている人もいるでしょう。

しかし、ドイツのフルトヴァンゲン大学の研究者らが家庭のスポンジを調査したところその細菌汚染度は想像以上で、「排泄物並みに汚染されている」とする衝撃的な結果が発表されました。

調査は家庭から集めた使用済みの食器用スポンジ14個と、店で購入した使用前のスポンジ7個が対象で、それぞれのスポンジに生息する細菌をDNA検査と精密なレーザースキャン顕微鏡で検証しています。

家庭から集めたスポンジは消毒されていないもののほかに「電子レンジで加熱」「熱い石けん水ですすぐ」「除菌剤に浸ける」といった方法で消毒されたものが含まれていました。

1週間単位で交換しよう

しかし、調査の結果細菌の数は消毒したものと、しなかったものとでは、あまり変わりはなく、消毒による除菌効果はほとんど確認されませんでした。

2.54センチ四方に820億個もの細菌が存在するスポンジもあり、研究者らによるとこれは人間の排泄物と同程度の密度。「これ以上の高密度で細菌が密集している場所はなかなか存在しない」と論文の中でコメントしているほどです。

また、DNA検査の結果発見された細菌の中には人間にとって有害な病原菌も確認されています。

スポンジがここまで汚染されていたことについて、研究者らは「殺菌をしても生き残る抵抗力を持った菌が他の菌の場所を占領して繁殖。爆発的に増加している」と推測しました。

中途半端な除菌によって耐性菌が生まれている可能性もあり、スポンジを長期間衛生的に使うことは不可能と断言。1週間単位で交換するという方法を提案しています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...