メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

自分を癒してくれた富士山を撮り続ける 静岡県富士宮市 島野孝一さん

富士山との出会い

ダイヤモンド富士

 新幹線や車に乗っていて富士山が見えてきたら、誰もが思わず、スマホや携帯カメラのシャッターを押してしまうのではないでしょうか。その美しさに魅せられて、本格的に富士山を撮り始める人もいます。

 静岡県富士宮市に住む島野孝一さんもそのひとり。現役時代から富士山を撮り続け、ついにリタイア後は、富士山専門のカメラマンとして活動をする決心をしました。とはいえ、島野さんの出身地は富士山とはほど遠い埼玉県。出会いは高校を卒業してからなのです。

 島野さんの実家は建具屋。跡取り息子として期待されていたものの、自然が広がる風景に憧れていました。思っていれば、チャンスはくるもの。高校生の時、東京農大出身の生物の先生が「農大の農業技術練習生になって1年間頑張れば、短期大学に入学できる」と教えてくれたのです。
 若い島野さんはその言葉に動かされます。親の反対を押し切って、練習生の道を選びました。もちろん、親不孝だったとの反省はなきにしもあらず。
 しかし、富士山を見ながらの実習は楽しく、この時が富士山との最初の出会いとなりました。そして、将来はここで仕事をしたいと痛切に感じました。

霧氷の朝

 念願の短大に入学し、卒業後は恩師の紹介で、東京農大に就職。しばらくして、勤務地の希望を問われた時は、迷わず富士の牧場を選びました。実はこの時、島野さんは悩んでいたのです。
 「当時は血気盛んで、やる気ばかりが先走る男でした。仕事も勤務地も思ったように行かず、傷ついていました。そんな心を癒してくれたのが富士山でした」。もう動きたくないと、30代後半で富士宮に土地を探し、家を建てたのです。

ページ: 1 2

コメント
  1. みんな素晴らしい富士の写真ですね。当地に住んでいないとなかなか撮れないと思います。感動しました。

  2. 素晴らしい富士山の写真を有難うございます。
    東京に住んでいるものでです。
    猪之頭近辺の西富士が好きでよく撮りに行きましたが、年を取り車も手放し行く機会も減り、
    皆さんの写真を見せていただくのを楽しみいしています。
    有難うございました。

  3. 素晴らしい写真ですね。小生も富士の写真が大好きでよく撮影に行きましたが、最近は後期高齢になったこともあり、遠くへは出かけなくなってしましました。時々葉山などに出かけて遠くからの富士を撮りたいと思っているのですが、それも季節で限定されてしまいますね。これからも素敵な写真をお願いします。ISHII

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
2018年4月7日

生きがい発見Story

「もう歳だから...」はもったいない。シニア起業で第2、第3の人生を挑戦する生き方。

「定年退職をしたしもう年だから……」「本当はやりたいことがあったんだけど、もう年だから……」 生涯現役で活躍できるかもしれない、自分が本当にやりたかったことが仕事になるかもしれな...
2018年2月22日

生きがい発見Story

まわりの人も幸せにするシニアの「夢活」

「若い頃は夢があったけれど、最近は何もかもおっくうだなぁ」と感じることはございますか? 希望や目標を追っていた若い頃と違って、 残りの人生設計や、何をしなければならないのかが見えて...
2018年2月22日

生きがい発見Story

夢を実現する「バケツリスト100」を作って後悔のない人生を

「せっかくの人生、もっと充実させたい」資金面、生活面、家族、友人関係など、自分自身が人生にとって大切にしたいと思っていることを改めて振り返ると、充実させたい方向性がはっきりします。...
2017年12月15日

生きがい発見Story

【人生100年時代】急増中のシニア写真モデルに初挑戦! インタビュー&撮影舞台裏ご紹介

「楽しかった。長生きしてよかった。」今回写真モデルにチャレンジされたシニアモデルの方から伺った言葉です。人生100年時代の日本において、多様にセカンドライフを謳歌するシニアの方たち...
2017年11月29日

生きがい発見Story

【チャレンジ】平均84歳の合唱団のコンサートを開催「生きがい」を見つける

「いくつになっても若々しくありたい」「まだまだいろいろなことにチャレンジしてみたい」いくつになっても前向きな気持ちはなくしたくはないものですが、気持ちはあっても実行するのはためらっ...
2017年11月29日

生きがい発見Story

【イベント】ダンスと福祉であらゆる境界を越える? 500人以上が参加する「チョイワルナイト」

「何か元気になれることってないかな?」「最近おもしろい!と思えることがあまりない」。シニア世代のなかには新たな刺激を求めている人も多いのではないでしょうか? 「若い頃はいろいろなと...