メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

自分を癒してくれた富士山を撮り続ける 静岡県富士宮市 島野孝一さん

富士山との出会い

ダイヤモンド富士

 新幹線や車に乗っていて富士山が見えてきたら、誰もが思わず、スマホや携帯カメラのシャッターを押してしまうのではないでしょうか。その美しさに魅せられて、本格的に富士山を撮り始める人もいます。

 静岡県富士宮市に住む島野孝一さんもそのひとり。現役時代から富士山を撮り続け、ついにリタイア後は、富士山専門のカメラマンとして活動をする決心をしました。とはいえ、島野さんの出身地は富士山とはほど遠い埼玉県。出会いは高校を卒業してからなのです。

 島野さんの実家は建具屋。跡取り息子として期待されていたものの、自然が広がる風景に憧れていました。思っていれば、チャンスはくるもの。高校生の時、東京農大出身の生物の先生が「農大の農業技術練習生になって1年間頑張れば、短期大学に入学できる」と教えてくれたのです。
 若い島野さんはその言葉に動かされます。親の反対を押し切って、練習生の道を選びました。もちろん、親不孝だったとの反省はなきにしもあらず。
 しかし、富士山を見ながらの実習は楽しく、この時が富士山との最初の出会いとなりました。そして、将来はここで仕事をしたいと痛切に感じました。

霧氷の朝

 念願の短大に入学し、卒業後は恩師の紹介で、東京農大に就職。しばらくして、勤務地の希望を問われた時は、迷わず富士の牧場を選びました。実はこの時、島野さんは悩んでいたのです。
 「当時は血気盛んで、やる気ばかりが先走る男でした。仕事も勤務地も思ったように行かず、傷ついていました。そんな心を癒してくれたのが富士山でした」。もう動きたくないと、30代後半で富士宮に土地を探し、家を建てたのです。

見よう見まねで富士山を撮ったら

 島野さんにはカメラの趣味もありました。しかし、この時点では様々な被写体に関心があり、それほど富士山に熱心だったわけではありません。富士山写真家になるためのきっかけが必要だったのです。
 富士宮に移った年、ちょうどNHK静岡放送局が富士山写真コンクールを開催しました。その写真展でたくさんの富士山の写真を見て、富士山はこんなにいろいろな表情を見せるんだと、驚いたのです。そして、自分の中の富士山への関心がさらに高まり、見よう見まねで富士山を集中的に撮り始めました。

つるし雲

 翌年、島野さんもNHKの富士山写真コンクールに応募。すると、思いがけないことに、入選。その次の年には、市民文化祭で芸術大賞をもらってしまいました。さらに富士山撮影への思いは高まり、いつしか富士山ばかりを撮影するようになっていました。
 そして、2006年に写真集『富士山風雲禄』を出版。屏風のように立てて楽しむ経本のスタイルの写真集は広げると4メートルという珍しい装丁。そのおかげで、装丁コンクールで審査員奨励賞となり、ドイツの世界大会に行ったこともありました。

富士山撮影三昧の日々へ

 島野さんは60歳で、東京農大の「食と農の博物館」を最後に退職。65歳までは働けたのですが、仕事の合間に富士山を撮るしかなかった日々から、好きな時に、好きなところで富士山を狙って撮れるリタイア生活のほうを選びました。
 2013年には、義理のお父さんが運営していたスーパーを改装し、島野さんの写真専用展示館をオープンさせました。このギャラリーを使いたいという人にはレンタルや自主企画のイベントも行っています。

ギャラリー

ギャラリーで開かれたコンサート

 ずっと富士山を取り続けいると、少しずつ心境の変化もあります。最近は、全国にある「富士」と名のつく山にも関心が向くようになりました。富士山と名のつく山は全国に330ほどあります。現在は、日本100名山や200名山と被る「ふるさと富士」を集中して影行を行っている様子。今年のターゲットは出羽富士・秋田富士と言われている「鳥海山」ですと、近況を知らせてくれました。リタイア後の多くの自由時間を、全国の富士を訪れ、「終わりのない旅」として撮影を続行する日々です。

 島野さんはこうも言います。「2016年、65歳となって本来の定年年齢となりました。
 最近感じるのは、やはり60歳の時とはフットワークが違うな…ということです。町内や所属団体の役割も増えて、自由度が狭くなってきました。だから、60歳で活動を始めたことは正解であったと思っています」。
 島野さんのように、自分にとって大切なものを見つけること、それに真摯に目を向け、そこに自分なりの価値を発見すること。これは、趣味や仕事を問わず、人生をさらに豊かなものにしていく方法でもあるのでしょう。

■島野孝一さんのFacebook
https://www.facebook.com/koichi.shimano.1

黄金富士

シニアライフアドバイザー・松本すみこ

松本すみこ有限会社アリア代表取締役、「NPO法人シニアわーくすRyoma21」理事長。
シニアライフアドバイザー、キャリアコンサルタント、カウンセラー。
早稲田大学第一文学部卒業。IT関連企業に勤務後、2000年に起業。
企業、行政・自治体、研究機関、メディアなどで、シニア世代の動向研究とライフスタイル提案、市場コンサル、講演・講座の講師、執筆活動などを行っている。2002年、50代以降を中心としたコミュニティーを組織し、2007年NPO法人化。著書に、『地域デビュー指南術~再び輝く団塊シニア~』、「そうだったのか! 団塊マーケット 本気で取り組むビジネス戦略」など。

コメント
  1. みんな素晴らしい富士の写真ですね。当地に住んでいないとなかなか撮れないと思います。感動しました。

  2. 素晴らしい富士山の写真を有難うございます。
    東京に住んでいるものでです。
    猪之頭近辺の西富士が好きでよく撮りに行きましたが、年を取り車も手放し行く機会も減り、
    皆さんの写真を見せていただくのを楽しみいしています。
    有難うございました。

  3. 素晴らしい写真ですね。小生も富士の写真が大好きでよく撮影に行きましたが、最近は後期高齢になったこともあり、遠くへは出かけなくなってしましました。時々葉山などに出かけて遠くからの富士を撮りたいと思っているのですが、それも季節で限定されてしまいますね。これからも素敵な写真をお願いします。ISHII

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2017年5月19日

生きがい発見Story

ふらりまち歩き「信州・松本」 主な名所は徒歩でOKマイペース町めぐり

[caption id="attachment_14526" align="aligncenter" width="800"] 国宝・松本城 松本城では無料ガイドを利用すべ...
2017年5月16日

生きがい発見Story

「高額療養費制度」を知ってますか? ~200万円の医療費自己負担が10万円に~

保険で悩むシニア世代  私が活動するNPO法人シニアわーくすRyoma21(http://www.ryoma21.jp/)のメルマガに、メンバーがこんな編集後記を書い...
2017年4月28日

生きがい発見Story

書もTVも捨てよ、旅に出よう!~すっきりしない毎日だと感じているなら~

豪華クルーズ船 旅はすぐにできる非日常体験  『書を捨てよ、町に出よう』が天才・寺山修二の著作であることは、1960年代、1970年代に青春を過ごした人なら、ご存知...
2017年4月14日

生きがい発見Story

骨董市で楽しもう! ~これといった趣味がないというあなたにこそ~

掘り出し物を探す人で賑わう骨董市 散歩がてら、ふらりと寄る 骨董市といわれても、古臭いものには関心がない、関心はあっても、どこをどうみていいのかわからないという人は多い...
人気記事
2017年3月12日

元気のヒント

【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

自覚症状がないケースも 日本人の失明原因の1位とされる緑内障。患者数は40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人と言われています。自覚症状がない「かくれ緑内障」も含...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年5月10日

元気のヒント

嗅覚の衰えは死亡リスクの目安? 死亡率が26%もの差になっていた

悪臭に敏感な人ほど低リスク 認知機能や認知症、アルツハイマー病リスクとの関係が指摘されるなど、近年注目を集めている人間の感覚のひとつが「嗅覚」です。 そんな嗅覚が低下す...
2017年5月13日

元気のヒント

脳の健康を保つ食事ガイドブック カナダの高齢者専門病院が発表

アルツハイマー、軽度認知障害リスクが低下 加齢で認知機能は衰えます。しかし、きちんとした食生活をすることで、認知機能の改善や維持が可能です。実際に科学的な効果が確認されている...
2017年5月3日

元気のヒント

アルツハイマー病の原因 取り除くことができる物質をついに発見

マウスでは高い治療効果を確認済み 日本人の認知症の中でも、特に発症者が多いのが「アルツハイマー病」です。 10年ほど前の研究で「アミロイドβ」というたんぱく質が脳血管に...
2017年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...


脳トレドリル。まずはお試し980円