メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190401
 

【ロマンポルノ女優も】有名人の「終活」に学ぶ。終活をしている?

親を看取ったあと、「自分もそろそろ」と思うシニアも多いと思います。

トレードマークのストールを処分した中尾彬さんや、洋服やタンスなどを断舎離した高橋英樹さんなど、芸能界でも「終活」が身近なものとなっています。

元日活ロマンポルノの女優だったMIYAKOさんも、その一人。
現在はセミナーでエンディングノートの書き方などを講演しているとか。

あなたはお子さんにどんなことを伝えたいですか?

芸能人・有名人に学ぶ、自分らしい「終活」

掃除用具

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

終活を行うにあたって、終活の作法を教えてくれる「終活セミナー」が多数開催されています。

終活セミナーは、現在のことから、自分の死後についてまで、さまざまな準備を教えてくれます。

例えば家具や衣服、思い出などを整理する断捨離から、認知症になったときのための法律的な手続き、自分の葬儀について、埋葬方法について、お墓についてなど、終活と一口に言ってもアプローチも、やるべきこともさまざま

1988年、日活ロマンポルノ最後の作品である「ラスト・キャバレー」の主演女優、MIYAKO(52歳、当時の芸名はかとうみゆき)さんは現在、終活に関するセミナーを開催しています。
今でもバストは85cm。
加藤さんは4年半前に母親を自宅で看取ったのがきっかけで終活の専門家に転身
加藤さんは母親が生前、樹木葬っていいね、といっていたのを思い出し、理想の葬儀について考え始めたそう。
現在のセミナーではエンディングノートの書き方から葬儀費用についてまで、なんでも話しているそうで「終活とは、人はなんのために生まれてきたかを考えることだ」と話します。

終活セミナーを上手に活用するには

英語教師

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

MIYAKOさんのセミナーのように、現在では終活に関するセミナーが多数開催されています。

こうした終活セミナーのなかには悪質なものもあり、「認知症患者の凍結資産は200兆円!」という記事を巧みに使い、「ボケたらやばい、誰も資産を動かせなくなる、ボケる前に遺言書を公正証書にしろ、任意後見人を決めろ、家族信託契約を結べ、葬儀場を予約しろ」と危機感を煽るばかりなものもあります。

まだまだ認知症の兆しも見えないシニア世代に対し、危機感を煽るだけ煽り、士業と契約しなければまずいと迫るのは唐突感が否めません。

終活セミナーも選ばなければ、こうした問題をはらんでいるのです。

とはいえ、なにもわからない状態ならば1から教えてもらえる終活セミナーはとてもありがたいものです。

だまされないために、大手が開催しているセミナーに参加されてみてはいかがでしょうか?

大手スーパーのイオンでは、以前から終活セミナーを開催。

イオンの終活セミナーでは、「相続」「保険」「仏壇・仏事」「形見整理」「お葬式」「永代供養」などについて学ぶことができます。
大手スーパーが開催しているセミナーなので、騙される心配も少ないですよね。

イオンの終活セミナーは、イオンの店舗(大型店)などで開催しているので、買い物のついでに参加できるのも特徴。
まだ何から手を付けていいのかわからない! という終活初心者は大手開催で、訪れやすいイオンの終活セミナーに参加されてみてはいかがでしょうか?

結局「終活」とは 専門家にかかわらないで済む準備

会議室の建築模型

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

セミナーへの参加も良いですが、専門家を頼らずに終活を行うことは可能なのでしょうか?

終活で真っ先に取り組まなければならないのが、親世代と子ども世代が腹を割って向き合い、「親が子に引き継ぐものとサポートしてほしいこと」を共有すること
双方が納得試合、円満かつ円滑に代替わりしていくことこそが、真の終活ではないでしょうか?

人はひとりで死ぬことはできません。

長生きしなければならない現役の親世代にとって、最後の大仕事が「終活」です。

まずは親世代から子ども世代に歩み寄り、自身のさまざまな経験を伝えるところから始めてみてはいかがでしょうか?
子どもとの関係を大人になってから改めて構築し、自分の遺志を伝えることが終活の近道だと言えるでしょう。

皆さんはエンディングノートを作っていますか?
また、終活をされていますか?
ぜひスローネットブログで教えてください。

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

『あなたは「終活」はじめていますか?』

締め切り:2月20日(水)まで

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

▼関連記事

終活も気遣いの時代「エンディングノート」で家族への負担を減らす【シニア】
https://slownet.ne.jp/c/society/post-17070/

撮りためた写真を「デジタル断捨離」してスッキリ整理しよう!
https://slownet.ne.jp/c/it/post-21834/

【終活】遺品は誰に?どうやって?生前整理のプロに学ぶ終活
https://slownet.ne.jp/c/society/post-24457/



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年4月24日

暮らし・社会

【シニアの学び直し】学び直し専門の「大学」 社会に還元・循環するリカレント教育に注目が集まる

高齢者大学(老人大学・シルバーカレッジ)といわれる学びの場は全国に多数存在します。 一般の大学でも高齢者を受け入れていますが、これらの大学は学び直しがメイン。 高齢者になっ...
NEW!
2019年4月22日

暮らし・社会

葬儀の準備はどうする?早めに終活を始めることで、遺された家族の後悔は減るらしい

終活関連サービスとして、自分の半生を描いた本などの出版を手助けしている鎌倉新書が実施した「葬儀において後悔したこと」のアンケートによると、後悔している人の割合は6割を超えるそう。 ...
NEW!
2019年4月21日

暮らし・社会

最新家電をまずはお試し!「家電レンタル」サービスを活用して、高級家電を試してみよう!

最近の家電といえばデザイン性が優れているのはもちろん、メーカーによってさまざまな機能がついていますよね。 家電は実際に使用してみないと本当に使い心地はわかりません。 だから...
2019年4月17日

暮らし・社会

50代以上からの海外留学!短期滞在、ホームステイなどシニア留学のメリット・デメリットをご紹介

シニアの語学留学は語学力を身に着けたり、趣味の習い事などに取り組んでみたりしつつ、ゆっくりと観光も楽しむ、「海外生活を満喫」するスタイルが人気。 特に来年は東京オリンピックが...
2019年4月15日

暮らし・社会

部屋はもう散らからない!片付けベタを卒業するにはどうする?片付けのコツを伝授

モノが多すぎる部屋はなかなか片付かないもの。 部屋が散らかってしまうと、どこから手を付ければ良いのかわかりませんよね。 そんな悩みを抱えている人は要注目! 片付けや整理整...
2019年4月14日

暮らし・社会

突然の一人暮らし!妻が入院してしまった!さて食事はどうする?料理する?宅配にする?

人生100年時代と言われて久しい現代。 パートナーが突然病に倒れ、入院してしまうことはよくあることでしょう。 そこで困るのは毎日食事の準備。 普段からすべて自分で行ってい...