メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V82
 

シニア世代にこそおすすめ! 足腰や関節の負担が少ないスポーツ3選

「運動を始めたいけど、膝や腰を悪くしてしまうのも心配。」と思って運動をなかなか始められない方、結構多いんです。何か新しいことを始めるのは、とてもエネルギーが必要なものです。しかし、何も運動しないのは体にとって決していいものではありません。 そこで今回は運動不足をすこしずつ改善できる、強度の調整がしやすクシニア世代でも始めやすい運動を3つご紹介します。

シニア世代にこそおすすめ!健康になれるスポーツ3選

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

水泳・水中ウォーキング

まずお勧めしたいのは水泳・水中ウォーキングです。
水中には浮力があるため、足腰の関節の負担が軽減され、陸上よりも簡単に運動することができます。
また水泳は、全身の筋肉を使うことができるため、バランスよく鍛えられます。シニア世代に特にお勧めされるスポーツの代表格といえるでしょう。また水泳は、筋肉を鍛えるだけではなく、心肺機能の強化にも役立ちます。

水泳ができる施設は公営プールなどではシニア世代が、特にお得な料金で利用できる場合が多いのも、シニア世代に水泳が勧められる要因といえます。
浮力があるため簡単に運動ができる水泳。
しかし、水泳は全身を使う運動です。水中にいるときはどんどん泳げたり、どんどん歩けたりしても、プールから上がると、思った以上に疲れを感じることでしょう。これはしっかりと運動できているといえます。
だからこそ、ほどよい運動量で切り上げなければなりません。 体力に自信のないシニア世代の方は、プールの中を歩く水中ウォーキングから始めてみるのもお勧めです。
水中ウォーキングの消費カロリーは、1時間で360キロカロリーと言われています。地上でウォーキングは1時間で、150キロカロリーと言われているので、倍以上の効果があるといえます。
地上で1時間あることが難しくとも、水中で30分歩けば、地上で1時間のと同じ効果を得られるのです。

水中運動を始めてみる場合は、医師に相談してから試してみてくださいね。

ボウリング

日本でボウリングがブームとなったのは1970年代。この1970年代にボウリングを楽しんでいた若い世代が、現在のシニア世代です。 このためシニア世代の多くは、ボウリング基本的な遊び方やることなどは、ご存じのことでしょう。久しぶりのプレイでも、なじみやすいのがボウリングです。
ボウリングは、腕の力や握力がそれほど必要ではなく、全身のバランスがとても大切なスポーツです。ボウリングは水泳と同じで、バランスよく全身を使うことで、自然と体幹が鍛えられます。体幹を鍛えると、転倒防止に繋がるなど、シニア世代には特におすすめなんです。

もちろん、ボウリングに大事なのは足腰。ボウリングを続けることで足腰の筋肉を保つことにもつながります。
また、最近のボウリング場では、機械集計を行ってくれますが、スコアを手でつけたり、暗算したりすることで頭の体操にもつながります。体だけではなく、頭を使うことで、認知症の予防にもなるのです。
ボウリングでも激しい運動だと感じられる方は、次に紹介するピラティスはいかがでしょうか。

ピラティス

ピラティスという言葉を、聞いたことがありますか? 筋肉を動かしながらインナーマッスルや骨格のバランスを整えるためのエクササイズです。 身体に大きな負荷を与えないため、怪我をした方や高齢の方なども始めることができる運動です。
ピラティスと言うと、若い女性が行っているというイメージをお持ちの方もいるかと思います。しかし、無理なく体のバランスを整えることができるシニア世代にぴったりのスポーツなんです。

ピラティスは、エクササイズで、少ない負荷で安全に行うことができるのが特徴です。
ピラティスを行うことで正しい呼吸法や体の使い方を身につけ、心身のバランスが整い健康維持に大いに役立つことでしょう。最近では、シニア世代向けのピラティスクラスも増えており、お近くのジムなどで、レッスンを探してみてはいかがでしょうか。

ヨガとも似ているピラティスですが、呼吸法に大きな違いがあります。ヨガで重視するのは、お腹で大きく息をする腹式呼吸。腹式呼吸によって副交感神経を活性化させ、心をリラックスさせる効果があります。
一方、ピラティスは胸に息を送り込む胸式呼吸です。胸式呼吸によって交感神経を活性化させることで、頭をスッキリさせてくれます。

胸式呼吸は、自律神経を整えることにプラスに働きます。自律神経が乱れていると、血液が全身に行き渡りにくくなり代謝が落ちてしまうのです。
運動不足で太りやすくなってしまったシニア世代にピラティスは、最適な運動だといえますね。

新たに運動をしてみたいと考えているシニア世代の方は、水泳、ボウリング、ピラティスから始めてみるのはいかがでしょうか?

<こちらの記事もおすすめ>

腰痛、運動不足解消にも効果アリ!シニアで始める優しいスイミング

シニア世代の運動不足を解消!膝痛改善に効くおすすめ体操とストレッチ

「少し痩せないと…」シニア世代の悩みをスマートウォッチで解決!毎日の健康管理を始めよう

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
2018年2月11日

スポーツ・ レジャー

気分は伊能忠敬? 伊能忠敬を体験できる「伊能でGO」でウォーキング

「運動がなかなか長続きしないなあ。何か続けるコツはないかなぁ。」運動を始めるにはエネルギーが必要だし、当たり前ですが運動すると疲れてしまいます。疲れることって、なかなか続きにくいで...
2018年2月2日

スポーツ・ レジャー

筋力低下や認知症予防に! 注目のシニア向けスポーツクラブサークル

最近ではアクティブシニアと言う言葉を耳にする機会が多いですよね。日々の生活に運動を取り入れ、充実した生活を過ごすシニア世代が集まる場所があるんです。「スポーツクラブに通ってみたいけ...
2018年1月16日

スポーツ・ レジャー

2018年平昌オリンピックの予習。金メダル注目選手や競技

「そういえば今年は冬のオリンピックか。見どころはどこだろう?」冬のオリンピック開催は赤字必至と言われるほど、夏に比べると盛り上がりに欠ける・・かもしれません。しかし日本人選手も多く...
2017年12月8日

スポーツ・ レジャー

靴から始めるウォーキング。膝の痛み外反母趾などのトラブルを減らすシニア向けシューズ

「歩くと足が痛くてつらい…」「どんどん歩くのが苦痛になってくる」。今まで一生懸命働いてきたシニア世代ならではの悩みが足について。痛くなく歩けるウォーキングシューズがあれば、ウォーキ...
2017年11月29日

スポーツ・ レジャー

【ドラム】脳トレになるドラムエクササイズがブームの兆し

「なんだっけ、あれ、あれの名前・・・」人や物の名前がとっさに出ないことがあると、「このままボケてしまったらどうしよう?」そんな思いがよぎってしまうこともあるかもしれません。認知症を...
2017年11月29日

スポーツ・ レジャー

【ダンス】定年で封印が溶ける! TORIさんBボーイ天野さんに見る好きなことを追求する生き方

「若い頃のように動けなくなってきた…」「最近妙に段差でつまづくようになった」という悩みを抱えるシニア世代は多いもの。今年の夏に発表された健康論文が老年以外の常識をくつがえすかもしれ...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円