メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
管理人
サークル管理
フォロワー数
52人
公開範囲
パブリック(誰でも閲覧可能)
トピックの作成権限
フォロワーも作成できる
コメントの権限
すべてのフォロワーがコメントできる

短歌

短歌ファンのための交流サークルです。日々の思いをのせて、気軽に一首いかがですか。

※過去の投稿は↓のURLから旧サイトのサークルをご覧ください。
http://www.slownet.ne.jp/circle/wall/200510091756-1000000
2017.2.16
老いし父置いて仕事に出ていたる親不孝をばしみじみ思う
2017.2.15
老いたりな人恋ふ心もしらけしか 一汁一菜噛みつつ洗う
2017.1.15
南天の朱き実ありし枝に雪しんしんと降りて雀来たらず
2017.1.12
れい
2016.12.19
手洗ひの表示確かめ買ふセーター色は明るめ粧い忘れじ
2016.12.14
ヒヨドリに狙われそうな千両の赤き実増して新年近づく
2016.12.12
焼却炉の薄き煙は貴みて 我が集め來し一生の本
2016.11.22
きょうもまたデイサービスのお迎えにわが先輩の笑顔明るし
2016.11.16
あと五分風呂沸きますの音声に急き立てられて衣服ぬぎだす
2016.11.16
離れ住む子の夢に出て気にかかる美味しいものでも送りやらねば
2016.11.15
果樹園を訪えばメジロの2羽3羽小さい体でスイと飛び行く
2016.11.12
我が一歩踏み出す先を移動してありなしの風落ち葉が知らす
2016.11.9
そういつか必ずわかる時が来るそれを信じて生きていきます
2016.10.7
新涼にあぜ道歩けば彼岸花稲田守りて一列横隊
2016.9.15
涼やかに蟋蟀の鳴く月なかば叔母の3回忌 ありし日偲ばん
2016.9.10
遠い日の父と母との思い出のふと蘇るちちろ鳴く夜
2016.9.4
庭にいで昨夜の雨に気付きたり寝る子は育つと諺にありき
2016.9.3
まだ来ない頸長くしてバスを待つツクツクオイシと蝉も気ぜわし
2016.9.2
初めまして よろしくお願いいたしますが
2016.8.5
門の前ポケツトには鍵あらず又忘れたか立ちつくしおり
2016.7.29
暑さをも厭はず開く百日紅早や落ちし花踏まれ枯れ行く
2016.7.23
手で掴むドライアイスの強烈さ吾のお指も冷凍食品
2016.7.20
満月に発作のごとく爆し去るライダーはシャツに風孕ませて
2016.7.15
灰色の雲たれこめる梅雨の朝セッセ、セッセと蝉の恋うた
2016.7.11
ミキサーでバナナと牛乳攪拌し健康ジュウスと愛飲の日々
2016.7.10
久々に出会える君の足重き立ち止まりつつ投票所へ
2016.7.9
横たえし身はさながらにまな板の鯉の如しか注射まつ間は
2016.7.9
所在なく佇む窓のガラスには雨滴の描く幾何学模様
2016.6.26
百合の花終わりて次はベロニカの清し紫ほろほろ揺れる
2016.6.25
トンネルをいずれば天見のちさな駅深い緑の木々にたじろぐ
2016.6.25
梅雨晴れ間うぐいすの音の透り来て緑したたるあまみ温泉
2016.6.23
携帯をスマホに変えて焦りおりお指ちょんちょんまだぎこちなき
2016.6.19
我にとり腰痛辛き梅雨なれど慈雨かも知れず草木田畑に
2016.6.18
ブラウスのはしを握って泪ぐむ迷子の少女は むかしの私
2016.6.16
雨上がれば株分けをせんツワブキの楽しからずや庭の模様替え
2016.6.14
全身の力集めて歩むわれ5個の林檎に苛まれおり
2016.6.12
休日の時のながれはゆったりと録画の番組心ゆくまで
2016.6.10
梅雨晴れ間ぎらぎらと照る太陽にあじさいの花いささか窶(やつ)れぬ
2016.6.7
三日月の乏しき光におぼろなる白ゐミニバラあえかに匂ふ
2016.6.7
株分けのアガパンサスに降る雨は新しき土に根を張らせくれん
2016.6.6
庭隅にアガパンサスを植えようと雑草対策楽しからずや
2016.6.5
雨あがり艶ふかまりし紫陽花をほれぼれ見つむ梅雨冷えの庭
2016.6.4
とのぐもり梅雨の気配のたちこめるアガパンサスの蕾すくすく
2016.6.3
紫陽花の花咲き盛る裏庭を一巡りして元気をもらう
2016.6.2
青葉風に隣の南天さやさや覗く我家の山椒さやさや応える
2016.6.2
水色のリボンの帽子わすれられ ウサギの椅子が気をもんでいる
2016.5.31
注射終えし犬に寄り添うひと時は若葉の風に癒されており
2016.5.30
飼い犬の予防接種の時期なるにかかりつけ医の閉院の知らせ
2016.5.27
使わねば持ちぐされなる電動ミシン手引書にらみ初心者となる
2016.5.24
白き花稔りて小さな青き実に庭の檸檬にエールを贈る
2016.5.22
ままならぬミシン針への糸通し焦れど出るはため息ばかり
2016.5.20
痩せキツネ道の真中に飛び出でて 捨て身の如くグニャリと横たふ
2016.5.18
朝ごとにドクダミ、カタバミ引いており可憐な小花ら鬼と思うや
2016.5.15
久々にかぎ針で編むクッシヨンカバー気持ちの弾む時間となりぬ
2016.5.10
門扉にはカーネーションの結ばれて添えし名刺に君の思いが
2016.5.9
手引き書を頼りむかうコンピューターミシンは厳し便利さもあだ
2016.5.4
巡り来し結婚記念日甦りひとしお恋しき彼岸にます君
2016.4.29
暖房をいれて気持ちの落ち着きぬ気象の変化に惑うこの頃
2016.4.27
広告の筋力アップに目がくらむ効果をうたうサブリメントの
2016.4.23
鈴なりの実を思いつつミニトマト鉢に植えたり大きくなーれと
2016.4.22
防犯カメラ稼働中なる表示の下をおもわず背筋を伸ばして歩む
2016.4.21
飼い犬の円らな瞳は訴える散歩さんぽ頻り降る雨
2016.4.18
草萌ゆる明るき畦をたもとほる囀るひばりの声をききつつ
2016.4.18
初めての牡丹の育成報われし飽かず眺める真紅の大輪
2016.4.17
雑草を見れば即座に抜き取らん清しき庭を心に描き
2016.4.17
いつしかに青葉繁りて梅の木は五月の風にさわさわ揺れる
2016.4.15
リュック背に肩にショルダーバッグかけ女子高生は威風堂々
2016.4.15
窓際の男子二人はいと静かおなじ窓際女子らさざめく
2016.4.2
咲き盛る木蓮に来し二羽の鵯寄り添いながら蜜吸うらしき
2016.3.29
マウンドで頬膨らますピッチャーのしなやかな腕にひねる白球
2016.3.20
ゴミの山まだ捨てないでと怒ってる学生マンション春の引っ越し
2016.3.5
雛かざり張り切る嫁のちらし寿司夕餉の卓を華やかにして
2016.3.3
雛祭押入れの隅古ぼけし妻を待つのか人形あわれ
2016.3.3
片付けのなぜこんなにもはかどらぬ年齢(とし)のせいだと互いに肯う
2016.3.1
風寒く弥生の庭木冷え冷えと雪の衣に雨戸繰り行く
2016.2.29
ポストまで風に押されて歩む道 風にま向かう帰りの道は
2016.2.27
雑草の萌えしるき庭眺めつつ魔法使いに吾はなりたき
2016.2.27
日並べて雪ふる二月芽ぐむ木のほつえしずえを凍みらせる夜
2016.2.25
雨降って地固まると諺に夫婦の絆も斯くやあらんか
2016.2.24
お互いに言いたいことを言い合って良かったのかも夫婦喧嘩で
2016.2.22
生ゴミの袋をつつく嘴太烏なんと見事な濡羽色なり
2016.2.20
解散とう淋しきことになりし会先輩たちの在りし日偲ぶ
2016.2.19
暖かき日差しを布団に受け止めぬ今宵みる夢楽しからん
2016.2.18
寝室の東の窓の明るさに 春はあけぼの枕草子を
2016.2.16
短歌欄かすむ瞳に耐えかねて閉じしPC.吾が身攻めれど
2016.2.16
嗚呼はやく 春の匂いのような朝が来てはくれぬか にんがつ(二月)の空
2016.2.16
裏庭の白梅ほつほつ咲き出してよかった良かった笑みのこみあぐ
2016.2.16
連れ合いの二羽のメジロ飛び来たり我が動けばサッと飛び行く
2016.2.16
厚着して出ればポカポカ邪魔になるダウン着脇に抱え可笑しさ
2016.2.15
スマホという最新機器を手に入れて操作し難く右往左往す
2016.2.15
画面では体調管理のアナウンス何時もの顔に親しみ覚ゆ
2016.2.14
チラシ寿司食べに来られよ誘い来る近所に出来た心地良い家
2016.2.13
白濁の大根スープほろにがく身ぬちに沁み入る薬膳料理
2016.2.12
入院で齢のほどをさ教えられ一歩を歩むに掛る激痛
2016.2.11
賑やかなリハビリセンター皆笑顔いわずものがな自立人生
2016.2.10
つぎつぎにシャッターをきる観光客に ついて行きそな雪のだるまは
2016.2.10
お元気ですか声掛けゴミの収集を続ける君につつが無かれと
2016.2.8
正直な自撮りの画面くちもとの皺かくさんと試行錯誤す
2016.2.8
貴男好き今頃云うな一人身でそなたの介護喜ぶ私に
2016.2.8
漆黒に貴男好きよと妻の声夢よ続けや一人身の吾に
2016.2.8
ふと寒し一人住まいも慣れしけど雨戸を叩く寒風の声
2016.2.6
五郎丸、琴奨菊の健康な雄姿におもわず拍手するなり
2016.2.4
節分に巻ずしをはむ習慣は我が家に定着 鰯よいずこ
2016.2.4
みゆきふる無人漁港のほの燈り まばらにともりて暮れなづむかな
2016.1.27
愛犬の飲み水凍らせ蛇口も閉ざす寒波に負けじと2枚のカイロ
2016.1.26
老犬の元氣無くしているを見てただ心配で傍に連れ添う
2016.1.24
粉雪かちらりと目の前かすめゆく淡き日差しに気分の和む
2016.1.23
やつれたる友の面輪は別人に病は彼女をかくも変えしか
2016.1.22
入念に調べてみると謎とけぬ吾の怠惰を戒めており
2016.1.22
必要にあらずと放置していたる引出しあけて暫し探りぬ
2016.1.22
時間には意味あるものか有る記憶全て並べる二次元の表
2016.1.22
時々は時間を待ちて振り返るわが日常は疾風のごと
2016.1.8
蝋梅に数多なつぼみ苗木より育て三年ついに叶いぬ
2016.1.2
初春の天の恵みや麗らかな日差しに薔薇の蕾ほどける
2016.1.1
新玉の年の始めの祝い膳祝杯の酒に面ほてらせる
2015.12.30
暖かき陽射しに誘われ寝具干す自然の恵みに感謝のひと日
2015.12.30
焼き網で餅を焼きつつ亡き兄の若き食欲思い出しけり
2015.12.29
噛みしむる不可逆的の言の葉を韓国日本のそれぞれの思い
2015.12.25
今宵だけキリスト教徒うっとりとクリスマスソングCDで聴く
2015.12.21
飼い犬は散歩大好きポストにも郵便局にも連れ立ちて行く
2015.12.21
犬たちののんびりゆったり家にいて遊ぼうなどとわれを誘う
2015.12.20
亡き人らふっと去来す吾裡に人に生まれし幸せと思う
2015.12.19
亡き父の声を聴かんと携帯の留守録機能きょうもオンする
2015.12.18
生姜蕩,抹茶葛など買い求め寒波に負けずと温まりおり
2015.12.17
葉を落とし木蓮の枝あまたなる蕾抱えて慈母思わせる
2015.12.16
パソコンの動き滑か気持ちよく短歌サークル今宵も開く
2015.12.15
あれは誰思い出せずに日が暮れて気持ち悪さに夜も眠れず
2015.12.14
画面にはノーベル賞の梶田さん気さくな笑顔に和む番組
2015.12.13
山門の張り紙おおきく除夜の鐘み寺の銀杏も裸木となりぬ
2015.12.11
パソコンのウイルスなるとは夢知らず作動の遅きに苛立ちおりぬ
2015.12.10
彼岸なる極楽浄土に迎えられ仲睦まじき父母に在さん
2015.12.8
亡き父は母と会えしやわが涙少し遠のく師走に入りて
2015.12.6
サッカーのテレビ観戦目のはなせず勝利の女神はついに広島
2015.12.3
久々の友との逢瀬なにげなき互みの近況つきることなき
2015.12.1
緩みたる気持ちも締まる師走なり隣家の柿もついに裸木
2015.11.30
七月の梅雨のまなかに逝きし父 篠突く雨音今も忘れず
2015.11.29
逆むけの指の痛みに父思う逆むけする度思いし父を
2015.11.28
煮過ぎたか期待はずれのアサリの身今朝の味噌汁豆腐もいれぬ
2015.11.27
急襲の寒さ対策出来ぬ儘今日も一人で味噌汁を煮る
2015.11.27
食卓に惣菜ならべ飯(いい)盛らんと炊飯器には水張りしまま
2015.11.25
品数は有れど何かが抜けている炊飯器には水張りしまま
2015.11.23
小松菜をまびき夕餉のひと品に根をかく作業いたく手間取る
2015.11.21
シニアらの力作ならぶ作品展あふるるパワーに「 びっくりぽん」なり
2015.11.19
かかりつけ内科に眼科歯科皮膚科定期検診にいそいそと行く
2015.11.18
秋氷雨濡れも厭わずおとのうは掛り付けたる医院の門に
2015.11.15
侘助の落ち花三輪雨のなか美少女思わせ拾い上げたり
2015.11.15
雨過ぎて濡れし椿の一輪に寒さに耐える強さ学びぬ
2015.11.13
生家には父、母も亡き兄も亡き法事のみに行く家となりたり
2015.11.13
☆大往生と皆は言うけど子のわれに父との別れあまりに辛し
2015.11.12
散り敷ける落ち葉の大きさ声を上げアメリカ楓と教えられたり
2015.11.11
咲く朝の見とれる花も散り落ちて今の吾が身を思い侘しき
2015.11.8
小糠雨に花びら散らす山茶花は生き生きとして花咲かせおり
2015.11.6
山茶花の蕾ぽつぽつ解けゆき秋陽に映えるピンクの濃淡
2015.11.6
山茶花の色映ゆる庭陽の暮れる秋は一層寒くわびしく
2015.11.4
花々に向けるレンズもおちこちに揺れる年齢枯葉散り行く
2015.11.4
片足で3秒立てぬこの悪さバランス感覚あきらめねばと
2015.11.3
思いきり華やぎたくてブローチとネックレスつけ式に行きたり
2015.11.3
特異日の今日また午後の病院で髪櫛ずける秋を説きつつ
2015.11.2
雨に濡れ光る舗道を踏みしめぬ滑らないよう唯それのみを
2015.11.1
一人者朝な夕なは長袖で昼間Tシャツ溜まる洗濯
2015.11.1
霜月の朝の冷え込み驚きぬ毛布にセーター冬支度急がん
2015.10.31
歌一つひねり出すのに時間過ぎ一つも出来ずネットを閉じむ
2015.10.31
黒土に小松菜まきぬ小さなる種愛しみて土に埋めたり
2015.10.30
山椒の隣に植えしローズマリー何かおどおど不安げに見ゆ
2015.10.29
花殻を摘み取り液肥ほどこしぬ自ずと和むビオラの寄せ植え
2015.10.28
誘われて山梨県へバスツアー青木ヶ原の樹海の神秘
2015.10.28
ウエルカム小人と犬が出迎える庭のツワブキわれに微笑む
2015.10.27
花かかげツワブキの茎すくと立つ秋日に映えて色鮮やかに
2015.10.26
わが父の病床見舞うと長男の訪問うれし狂喜する犬
2015.10.26
朝空はくまなく晴れて冷えしるき暖房をいれおもむろに着替えす
2015.10.25
スローネの使い方未だ模索中使い勝手のわからぬままに
2015.10.24
手入れせぬ庭に虫たち多くいて好きな野鳥の訪い来たる午後
2015.10.24
乾燥の花壇に水を流し込む百合クロッカス、ムスカリの歓喜
2015.10.21
夕日浴び鈴なりの柿輝きぬ成り年と言う自然の恵み
2015.10.21
朝顔の棚をようやく撤去して庭に俄な秋訪れり
2015.10.19
朝昼の寒暖の差が13度四季を失い辛き長生き
2015.10.19
この夏の鶏頭種落ち芽を出して小さな花をまた咲かせおり
2015.10.19
土のなかモジャモジャの根は十薬か夏の花壇に手をやきし猛者
2015.10.18
剪定の後に残った葉の蔭にでかいカマキリ身をひそめ居り
2015.10.18
ご近所に助けてくれる友のいて老いてもここを離れずとする
2015.10.18
日本晴れ頬ほてらせて若者ら気合いこもれる祭りだんじり
2015.10.16
腰痛も膝痛もわすれ模様替え鍬とシャベルで花の引っ越し
2015.10.15
悩み事あり球根を植えるのがすっかり遅れ詫びて植えたり
2015.10.13
大鉢に植えしビオラに水をやる花の吐息が微かに聞こゆ
2015.10.12
ポーチュラカひきあげ春の球根を植える準備に時忘れいつ
2015.10.11
107歳全うされし叔母上の一周忌なり読経に唱和す
2015.10.10
平和賞チュニジア団体受与されるアラブの春はまだまだ遠き
2015.10.9
断捨離を決めて作業に取りかかり捨てきれる物ごくごくわずか
2015.10.9
ふたもとの円い樹形の金木犀満開となり誇らしげなり
2015.10.5
短歌投稿
2015.10.5
カーテンも照明器具もいまふうに変えしリビング吾にようこそと
2015.10.3
古風にも見える紫苑は強かになぎ倒されても花は散らさぬ
2015.10.1
十月と思えば気持ち引き締まる夏物かたずけ いざ秋模様
2015.9.30
日は落ちて冷気漂う夕間暮れ炊飯器はまじめに湯気をたており
2015.9.29
幼な日のままごと遊び思い出す楽しからずや夕餉の支度
2015.9.28
たった今見ていたはずの携帯が視野から消えるひとりの部屋で
2015.9.28
天空の白雲と月仰ぎおり沖縄は今台風荒ぶ
2015.9.27
名月の今宵の空の願望は叶いそうなり西陽の明るさ
2015.9.26
肺炎後3週間のわが父の車椅子押し散歩に付き添う
2015.9.26
コンビニの月見団子を贖いぬ月に見立てし黄がトッピング
2015.9.25
歓喜したオリンピックに甘すぎた国の認識 民は唖然と
2015.9.24
朝刊の第一面は挑発的平和国家の転換などとう
2015.9.23
飼い犬に掻き混ぜられし植木鉢犬の本能われは悲しき
2015.9.23
遊覧の船浮かべる川ひろしまの七〇年や安保法成る
2015.9.23
線路はたヘルメットの群れにやわらかく警笛鳴らし電車はすぎる
2015.9.23
夢はみな若き姿であらわれて微笑む目覚め寂しき目覚め
2015.9.22
画面には地球の気象図映されて過酷な現象たび重なるとう
2015.9.22
秋分を明日に控えて吾が庭に遅咲きの百日紅未だ満開
2015.9.21
街路樹の欅は早も黄色おび自然はわが前駆け足で行く
2015.9.20
早朝に犬と連れ立ち散歩する電柱の前たびたび道草
2015.9.19
久し振りに知人を囲み食事会つきることなきよもやま話
2015.9.18
秋彼岸の墓参に合わせ咲きさかる紫苑に添えんと菊のイメージ
2015.9.17
窓のそと降りみ降らずみの秋の雨 紫苑のつぼみ薄紫に
2015.9.16
肌寒さ覚え重ね着する夕べ庭の蟋蟀しきり啼きおり
2015.9.15
涼風にセンチメンタル兆しきぬ炎暑の夏も今は恋しき
2015.9.14
この人がこんな歌をば詠むのかと小倉百人を干しつ眺めぬ
2015.9.14
夏布団あい布団を出し陽にほしぬ南向きの窓どや顔をして
2015.9.13
天高く陽の輝きて通る風天国と地獄の日本列島
2015.9.12
申告も頭の体操パソでする軽減なりしか国勢調査
2015.9.11
人力でどうにもならぬ雨雲に日本列島さながら餌食に
2015.9.10
溢れだす濁流の河浸水の家の窓には男性の顔
2015.9.9
無事去れと二百二十日を祈れども天に届かず無残列島
2015.9.8
18号こちらに向っているような天気予報に泣きたくなりぬ
2015.9.7
あの子らの笑顔の写真にまた会えた わくわくさせる高校球児ら
2015.9.7
そもそもは知らぬ二人の七十年一人倒れぬ今日も見舞いに
2015.9.6
家族連れ難民となり歩む人らその胸の裡は闇も希望も
2015.9.4
日本中皆やりきれぬ思いするオリンピックのエンブレムのニュース
2015.9.1
賑やかな小学生の集団が手提げバッグを振りながらゆく
2015.9.1
防災も云われる日には気にしつつ何の準備もしない一人身
2015.8.31
幼子ら次から次へとやって来ておもちゃで遊ぶ皮膚科の医院
2015.8.30
あちこちに行方不明の児の事件恙なかれと祈る他無し
2015.8.30
長身の君のお指はしなやかに注射針さす膝関節に
2015.8.30
歳ふれば愛も恨みもわが内ですこし泡立ち消えてゆくのみ
2015.8.29
暑さ去り二百拾日も無事に過ぎ来り給うな二百二十日も
2015.8.29
八月の最後の土曜日との曇る猛暑に喘ぎし日々も過去形
2015.8.28
暗い色鏡に写せば気がめいるこのTシャツは返品しよう
2015.8.27
重きもの胸につかえるひと日なり君の行く道定まらぬのか
2015.8.26
台風は去れど残れる蒸し暑さいずれか去れよ蒸しか暑さか
2015.8.26
宇宙では「こうのとり」のドッキング油井さん若田さんお見事でした
2015.8.25
台風は街路樹倒し屋根とばし人も巻き込み苦しみもたらす
2015.8.24
朝夕の涼しさを言い和みおり郵便ポストへ行く道すがら
2015.8.23
防御して雑草ひくも刺されたり素早き毒虫姿を見せぬ
2015.8.22
月命日秋の気配のいっときをお茶お線香で祈る冥福
2015.8.21
三度なきさっと飛びゆく法師蝉あ然とするか裏庭の木々
2015.8.19
網戸より高らかに啼く蝉の声忙し気に聞こゆ秋はもうすぐ
2015.8.17
目力(めじから)に惹きつけられる甲子園みな勝たせたい選抜高校
2015.8.17
葉月無事送りし老いの身は来る如月如何に越すつもりかも
2015.8.16
仏前にソーメン供え蓮の供花 浄土の君の帰り待つなり
2015.8.15
送り火も今年最後か先のこと読めぬ儘にも時は過ぎ行く
2015.8.13
大福の餡の中には桃、葡萄ほっこりとする男孫のみやげ
2015.8.12
盆休み民族移動始まりぬ尋ね来るもの居らぬ侘しさ
2015.8.12
われを見て駆け寄る日向に安堵する猛暑のなかを共に耐えおり
2015.8.11
愛犬にホースのシャワー浴びせおり天然毛皮さぞ暑からん
2015.8.11
高校の野球終わらば秋場所か知らぬあいだに軍靴の音も
2015.8.10
投球のピッチャーの頬汗ながるる高校野球敗者よ頑張れ
2015.8.10
どうしても許せないこと有ったはず今となっては思い出せない
2015.8.9
黙想す七十年のその昔虚脱した吾未だ其の儘
2015.8.6
会う度に小さくなって行く父と海苔弁当を分け合う昼食
2015.8.6
朝刊のチラシに混じる試合表 酷暑に挑む高校野球
2015.8.5
17時告げる時計も夕刊をせかすが如しハイハイと云う
2015.8.5
週いちの体操教室毛染めして派手なTシヤツ気持ちルンルン
2015.8.5
混雑を思えばひるむ週末の花火大会チケット届きぬ
2015.8.4
電話の声聴き取り難きこの頃は親しき人らとメールのやりとり
2015.8.4
友一人また来たりたりこの歌壇楽しからずや暑き中にも
2015.8.4
難聴の孤独寂しく行ってみた手話サークルの笑顔また笑顔
2015.8.3
リストラをされし人かと目を見張るゴミ収集車優しき笑顔
2015.8.3
朝七時のスーパーのレジ異邦人 日焼け男ら弁当を買う
2015.8.2
欠かせない食器類より開始する思い出多き断舎離の途
2015.8.2
新しきスローネットに迷いおり助け船来ておさまる画像
2015.8.1
南天に満月のあり涼しげな白きかんばせ かぐや姫とも
2015.7.31
明日からは葉月成らむかこの早さ気力体力追い付き兼ねつ
2015.7.31
気がつきぬ昨日も今日も静かなり一生終えしか庭に生れし蝉ら
2015.7.30
猛熱暑云われる中で背を焼きし八十年(やとせ)の昔32度なり
2015.7.27
短歌投稿トピック
2015.7.27
あいさつトピック


\"脳トレドリル。まずはお試し980円\"