メニュー
ゲストさん
 

がん死亡率、10年で16%減少 肝臓・胃がんは大幅減、子宮頸がんは増加

政府目標は達成できず

日本の死因順位で「心疾患」「肺炎」をしのぎ、1位となっている「がん」ですが、75歳未満のがん死亡率は、2005~2015年の間に16%減少したと、国立がん研究センターが発表しました。

2005年には人口10万人当たり92.4人ががんで死亡していましたが、2015年には78人となっています。同センターの分析によると、胃がんと大腸がん、肝臓がん、肺がんの患者数減少が、全体の死亡率減少につながったようです。

ただし、政府が目標としていたのは「10年間で死亡率20%低下」(がん対策推進基本計画)。この目標には及ばなかったことになります。

検診の徹底で死亡リスクを大幅に減らせる

がんの部位別に10年間の減少率を比較すると、肝臓がんが約49%低下しているほか、胃がんも約33%低下しており、死亡率減少が進んでいます。

一方で、当初は順調に死亡率が減少していた大腸がんと肺がんは6~7%程度と、減少に鈍化がみられました。さらに、女性の子宮頸がんは死亡率が10%上昇していることも確認されています。

減少が鈍化している大腸がんと肺がんは、禁煙など生活習慣の見直しとがん検診の徹底によって、死亡リスクを大幅に減らせることがわかっています。面倒でついつい検診を受けていない、という人は、これを機にきちんと検査をしてみてはいかがでしょうか。

<こちらの記事もおすすめ>
日本は世界1の長寿国ではなかった 女性86.4歳で2位、男性79.9歳で8位
「パブロン」や「ベンザブロック」など 薬を買ったら領収書は捨てないで

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年12月24日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...