メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

耳かきは百害あって一利なし? 米学会、新ガイドラインで警告

無理な「耳掃除」はかえって危険!

耳掃除をすることで耳垢を取るのは、耳の健康のためにはよいことのように思われます。

しかし、米国の耳鼻咽喉科頭頸部外科学会は以前から「耳垢は汚れではなく、むしろ耳の中の環境を衛生的に保つために必要なもので、過度な耳掃除は耳の保護機能を損なう行為」と訴えていました。

さらに、昨年、「耳垢は無理に除去しなくても、耳の中の細胞分裂に合わせて古いものから排出されていく」とする研究結果が発表されたため、同学会が2017年1月に耳掃除の指針を新たに発表しました。

指針の作成にあたった医師らは、耳の奥にまで耳かきのような細いものを入れる耳掃除は、耳垢を奥に突っ込んでしまっているだけでまったく意味がないとし、「鼓膜などを損傷するリスクを高めるだけですぐにでもやめるべき」とコメントしています。

正しい耳掃除とは

ガイドラインでは、耳掃除は耳から1センチ程度のところまでを綿棒で拭うだけでよく、ほとんどの人は耳かきなどを用いた耳垢の掃除は不要とされています。

耳掃除が必要な人も、耳の状態によってどのような方法が有効かは異なるため、まず耳鼻科医に相談するように推奨されています。

また、耳が詰まっているような感覚や、聞こえにくい状態になっている場合、耳垢よりも別の原因が考えられるため、耳掃除をせず、速やかに耳鼻科を診察するべきだとか。

耳かきで耳の中を掃除する感覚は、独特の気持ちよさもあってやめられない、という人もいるかもしれませんが、耳の健康のためにもやめたほうがよさそうです。

<こちらの記事もおすすめ>
コンビニで手軽に糖質制限――ダイエット法として人気
がん死亡率、10年で16%減少 肝臓・胃がんは大幅減、子宮頸がんは増加

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2017年5月23日

元気のヒント

「目に効果」うたう健康食品で肝炎に? 消費生活総合センターから注意喚起

肝炎を発症し1か月も治療 「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」など、最近は健康効果をうたった食品が多く販売されています。 医薬品のように病気の治療効果がある...
NEW!
2017年5月21日

元気のヒント

尿もれ不安で「引きこもり」  シニアの悩み、ペットが解消

4人に1人が「閉じこもり」 多くのシニアがひそかに悩む尿もれ。いつもれるかわからない不安から、外出を控える人も少なくありません。 2016年5月にユニ・チャームが実施し...
NEW!
2017年5月20日

元気のヒント

昆布のぬるぬる成分が肥満を予防する 東大、マウス実験で確認

高カロリー食のマウスにフコースを与えると… ワカメや昆布などの海藻類は、ミネラルやビタミンを豊富に含み健康的な食品として知られています。 そんな海藻類独特のぬるぬるとし...
NEW!
2017年5月19日

元気のヒント

【女の相談室】乳がん・卵巣がんの親族がいたら 20~25%の割合で遺伝性の恐れ

乳がんや卵巣がんの約10%が遺伝性のがんといわれ、特定の遺伝子変異が関わっていることがわかっている。最近、日本で初めての大規模な患者の遺伝子調査が行なわれ、親族の中で2人以上の発症...
NEW!
2017年5月18日

元気のヒント

定年退職後は酒量が増える? 煙草を吸う人は要注意

1週間にビール中瓶9~14本は「危険」 アルコールが健康に与える影響を調査した研究は多数存在していますが、定年退職者の増加が社会問題となりつつあるフィンランドで、定年退職者の...
2017年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
人気記事
2017年3月12日

元気のヒント

【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

自覚症状がないケースも 日本人の失明原因の1位とされる緑内障。患者数は40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人と言われています。自覚症状がない「かくれ緑内障」も含...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年5月10日

元気のヒント

嗅覚の衰えは死亡リスクの目安? 死亡率が26%もの差になっていた

悪臭に敏感な人ほど低リスク 認知機能や認知症、アルツハイマー病リスクとの関係が指摘されるなど、近年注目を集めている人間の感覚のひとつが「嗅覚」です。 そんな嗅覚が低下す...
2017年5月13日

元気のヒント

脳の健康を保つ食事ガイドブック カナダの高齢者専門病院が発表

アルツハイマー、軽度認知障害リスクが低下 加齢で認知機能は衰えます。しかし、きちんとした食生活をすることで、認知機能の改善や維持が可能です。実際に科学的な効果が確認されている...
2017年5月3日

元気のヒント

アルツハイマー病の原因 取り除くことができる物質をついに発見

マウスでは高い治療効果を確認済み 日本人の認知症の中でも、特に発症者が多いのが「アルツハイマー病」です。 10年ほど前の研究で「アミロイドβ」というたんぱく質が脳血管に...
2017年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...


脳トレドリル。まずはお試し980円