メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

走るとひざに悪そう…は誤解だった むしろ痛みが軽減される

変形性関節症の予防には適度な運動を

有酸素運動の代表的なスポーツでもあり、手軽に始められるのがランニングです。

走ることでひざ関節が痛んだり腫れたりしてしまいそう、と躊躇している人もいるかもしれませんが、適度な運動を定期的におこなうと、ひざの痛みの原因となる「変形性関節症」の発症予防や進行を遅らせることが、日本整形外科学会などによって認められています。

ただし、なぜ痛みが軽減されるのか、そのメカニズムは詳しくわかっていませんでした。

そこで、米ブリガムヤング大学の研究者らが、健康な18~35歳までのランナー6人を対象に、ランニング前後の血液やひざ関節内の「滑液」を分析し、何が変化しているのかを調査しています。

炎症の原因物質が減っていた

6人のランナーは屋外を30分ランニングした場合と、室内で筋力トレーニングを30分行った場合、2つの運動後にそれぞれ調査を受けました。

その結果、ランニング後のみ、滑液中の「サイトカイン」と呼ばれる炎症を促進させる物質の濃度が低下していたことがわかったのです。

さらに詳しく分析したところ、サイトカインは血液中に移動し、分解されていることもわかりました。

研究者らは「若いころから長距離を走っていた人は、むしろ炎症に強いひざになり、高齢になってからも健康なひざを維持できるのではないか」と推測しています。

<こちらの記事もおすすめ>
体を動かすときは、ひとりよりも夫婦や友人と 運動の効果を高め、自立した生活につながる
積極的に運動する人は 幸福感や充実感を感じている

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...