メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

「特定健診」で6割に健康リスク見つかる

男性が高い傾向

特定健康診査(特定健診)を受診した人の6割が、血圧、脂質、血糖いずれかのリスクを持っていることが、健康保険組合連合会が行った「被保険者(40-74歳)の健康状態と生活習慣病に関する調査分析」で明らかになりました。

特定健診は、2008年から始まった40歳~74歳までの人を対象にした健康診断で、高血圧や高脂血症といった生活習慣病の原因となるリスクの有無を検査し、リスクがある人に生活習慣病を予防、改善するための保健指導を受けさせることを目的としています。

2014年度に特定健診を受けた270万4001人(男性202万3161人、女性68万840人)について、どのような健康リスクを持っているかを調べたところ、次のようなことがわかりました。
〇「肥満」に該当したのは、男性48.1%、女性19.2%で、男性の割合が圧倒的に高い。
〇「血圧」リスクを保有している人(収縮期130mmHg以上、拡張期85mmHg以上)は、男性39.2%、女性23.0%で、男性が高い傾向にある。
〇「脂質」リスクを保有している人(中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満)は、男性30.1%、女性9.1%で、男性が圧倒的に高い。
〇「血糖」リスクを保有している人(空腹時血糖100mg/dL以上、HbA1c5.6%以上)は、男性38.2%、女性19.5%で、男性が高い傾向にある。
何らかのリスクを持つ人を積算すると、全体の61%になっていました。

高リスクの人ほど医療費がかかっている

また、2014年度の特定健診受診者で、翌2015年度の医療費明細と紐づけることができた156万8373人について、健診結果と疾病の発生状況の関係を見てみると、「健康リスクなし」と「健康リスクあり」とでは、かかった病気に大きな違いがあることがわかりました。

「健康リスクなし」の人では、鼻炎や目の病気、気管支の病気が上位を占めるのに対し、「健康リスクあり」の人は、血圧、脂質、血糖いずれのリスク保有者でも、「本態性高血圧(症)」が最も多いほか、生活習慣病関連の疾病が上位を占めました。

がん、循環器疾患、糖尿病など生活習慣病は、運動・食生活・休養・喫煙・飲酒など生活習慣を見直すことにより、疾病の発症・進行が予防できるといわれています。血圧、脂質、血糖の値が基準値を超えていることがわかったら、早い段階から生活習慣を見直して、生活習慣病を予防しましょう。

<こちらの記事もおすすめ>

噛む「回数」より大切なのは「効率」 メタボになりにくい食べ方があった

高齢者の血糖値変化 友達と会う回数が影響する

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月12日

元気のヒント

【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

自覚症状がないケースも 日本人の失明原因の1位とされる緑内障。患者数は40歳以上の20人に1人、70歳以上では10人に1人と言われています。自覚症状がない「かくれ緑内障」も含...
2017年6月1日

ちょこっと脳トレ!

【ちょこっと脳トレ!】あなたは読める? 大阪の難読地名

意外と多い大阪の難読地名。思わず「なんでやねん!」とつっこみたくなる地名が満載です。関西に住んでいる人には簡単すぎるかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてくださいね。あなたはいくつ...
2017年6月17日

元気のヒント

【男と女の相談室】50代の約半数は白内障 手術したら長生きする理由

白い霧がかかったように見える白内障。高齢化とともに患者が増えているが、白内障の手術をした人はしなかった人より長生きするという研究が相次いで発表されている。 白内障の手術は、短...
2017年6月14日

元気のヒント

【男と女の相談室】腰痛の隠れた主犯はタバコだった もっと激しい首の痛みにも関与

ズキンズキンと泣きたくなる痛みが襲ってくる腰。ひょっとしてアナタはタバコを吸っていないだろうか。実はタバコはアナタが思っている以上に腰に悪いヤツなのだ。 腰痛専門クリニックに...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
関連記事
NEW!
2017年6月23日

元気のヒント

整体やカイロプラクティックで深刻な事故 消費者庁「施術を受ける際は慎重に」

ろっ骨の骨折や頸椎損傷の例も 最近は街中でマッサージや整体の店を見かけることが多くなりました。手軽に体のこりなどを解消できる方法として活用している人もいるかもしれません。 ...
NEW!
2017年6月22日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】もうすぐ夏本番!熱中症クイズ

梅雨入りし、夏がすぐそこまで近づいてきています。 今回のテーマは熱中症。重症になると死に至ることもあります。初夏や梅雨明けなど、体が暑さに慣れていない時期が特に危険です。 ...
NEW!
2017年6月21日

元気のヒント

【けんこう歳時記】6月21日――老化を進める原因物質「AGE」

ホットケーキで老化が加速 6月21日は夏至、そして「AGEの日」です。AGEとは、英語のAdvanced Glycation End Productの略で、「終末糖化産物」と...
NEW!
2017年6月20日

元気のヒント

チョコレート好きは不整脈リスクが低下する ただし、食べ過ぎには要注意

カカオの効果はチョコでも同じか検証 カカオを含む食品は心臓の健康に良い影響を与える可能性があると言われています。カカオの中にある「フラバノール」というポリフェノールが血管の機...
NEW!
2017年6月19日

元気のヒント

蚊対策はボウフラ退治から 国立感染症研究所が協力を呼びかけ

虫よけだけでなく蚊を発生させない対策を 2014年ごろから、日本国内で蚊によって媒介されるデング熱やジカ熱などを発症する人が確認されるようになっています。 これらの病気...
NEW!
2017年6月18日

元気のヒント

「ミドル」と「シニア」 境目はどこに?

「気持ち」と「体」で6歳差 自分は「ミドル」だと思いますか? それとも、「シニア」ですか? 大人用おむつなどの製品を扱う大王製紙は、「健康と気持ちの若さ」の関係について...


脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室