メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

「特定健診」で6割に健康リスク見つかる

男性が高い傾向

特定健康診査(特定健診)を受診した人の6割が、血圧、脂質、血糖いずれかのリスクを持っていることが、健康保険組合連合会が行った「被保険者(40-74歳)の健康状態と生活習慣病に関する調査分析」で明らかになりました。

特定健診は、2008年から始まった40歳~74歳までの人を対象にした健康診断で、高血圧や高脂血症といった生活習慣病の原因となるリスクの有無を検査し、リスクがある人に生活習慣病を予防、改善するための保健指導を受けさせることを目的としています。

2014年度に特定健診を受けた270万4001人(男性202万3161人、女性68万840人)について、どのような健康リスクを持っているかを調べたところ、次のようなことがわかりました。
〇「肥満」に該当したのは、男性48.1%、女性19.2%で、男性の割合が圧倒的に高い。
〇「血圧」リスクを保有している人(収縮期130mmHg以上、拡張期85mmHg以上)は、男性39.2%、女性23.0%で、男性が高い傾向にある。
〇「脂質」リスクを保有している人(中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満)は、男性30.1%、女性9.1%で、男性が圧倒的に高い。
〇「血糖」リスクを保有している人(空腹時血糖100mg/dL以上、HbA1c5.6%以上)は、男性38.2%、女性19.5%で、男性が高い傾向にある。
何らかのリスクを持つ人を積算すると、全体の61%になっていました。

高リスクの人ほど医療費がかかっている

また、2014年度の特定健診受診者で、翌2015年度の医療費明細と紐づけることができた156万8373人について、健診結果と疾病の発生状況の関係を見てみると、「健康リスクなし」と「健康リスクあり」とでは、かかった病気に大きな違いがあることがわかりました。

「健康リスクなし」の人では、鼻炎や目の病気、気管支の病気が上位を占めるのに対し、「健康リスクあり」の人は、血圧、脂質、血糖いずれのリスク保有者でも、「本態性高血圧(症)」が最も多いほか、生活習慣病関連の疾病が上位を占めました。

がん、循環器疾患、糖尿病など生活習慣病は、運動・食生活・休養・喫煙・飲酒など生活習慣を見直すことにより、疾病の発症・進行が予防できるといわれています。血圧、脂質、血糖の値が基準値を超えていることがわかったら、早い段階から生活習慣を見直して、生活習慣病を予防しましょう。

<こちらの記事もおすすめ>

噛む「回数」より大切なのは「効率」 メタボになりにくい食べ方があった

高齢者の血糖値変化 友達と会う回数が影響する

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
NEW!
2017年8月18日

元気のヒント

【けんこう歳時記】8月18日――糸ようじが強烈にクサイ。なぜ…?

歯間清掃率低い日本 40代から増える歯周病。予防には、ブラッシングに加えて、デンタルフロスや糸ようじなどを利用して、歯間の掃除をすると効果的です。 ところが、日常的に歯...
NEW!
2017年8月17日

元気のヒント

ヨガを実践している女性は脳も健康 集中力が求められる動作に秘密がある?

ヨガをしている人とスポーツをしている人を比較 加齢による認知機能や注意力、記憶力の低下の大きな要因となっているのが、大脳の表面に広がる「大脳皮質」という部位の委縮です。 ...
NEW!
2017年8月16日

元気のヒント

【けんこうアプリ調査隊】「大人のぬり絵」、タップで楽しむ

大人もハマる「ぬり絵」 「大人のぬり絵」が人気です。ぬり絵というと、子どもの遊びのイメージですが、フランスでは「コロリアージュ」と呼ばれ、ストレス解消やリラックス効果があるアート...
NEW!
2017年8月15日

元気のヒント

50~60代 目の健康「気になる」が97.2%

小さい文字が見えにくい 目の疲れやかすみ、見えづらさ。目の健康について、最も気になるのは、どんなことですか? 「オレンジページくらし予報」が50~60代の男女398人に...
NEW!
2017年8月13日

元気のヒント

お酒を飲むと人が変わる? 周りから見るとほとんど変わっていない

5つの要素から性格を評価 お酒を飲むと人が変わるとよく言われますが、実は科学的に「飲酒によって正確が変わるか」は確認されていませんでした。 そこで、米国のミズーリ大学の...
2017年8月12日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】試される大地!JR北海道の難読駅名

JR北海道は、総営業キロ数が約2500キロ。北海道全域と青森県の一部をカバーする在来線と、2016年に開業した北海道新幹線があります。北海道ならではの読み方が難しい駅名が数多くある...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室