メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

「特定健診」で6割に健康リスク見つかる

男性が高い傾向

特定健康診査(特定健診)を受診した人の6割が、血圧、脂質、血糖いずれかのリスクを持っていることが、健康保険組合連合会が行った「被保険者(40-74歳)の健康状態と生活習慣病に関する調査分析」で明らかになりました。

特定健診は、2008年から始まった40歳~74歳までの人を対象にした健康診断で、高血圧や高脂血症といった生活習慣病の原因となるリスクの有無を検査し、リスクがある人に生活習慣病を予防、改善するための保健指導を受けさせることを目的としています。

2014年度に特定健診を受けた270万4001人(男性202万3161人、女性68万840人)について、どのような健康リスクを持っているかを調べたところ、次のようなことがわかりました。
〇「肥満」に該当したのは、男性48.1%、女性19.2%で、男性の割合が圧倒的に高い。
〇「血圧」リスクを保有している人(収縮期130mmHg以上、拡張期85mmHg以上)は、男性39.2%、女性23.0%で、男性が高い傾向にある。
〇「脂質」リスクを保有している人(中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満)は、男性30.1%、女性9.1%で、男性が圧倒的に高い。
〇「血糖」リスクを保有している人(空腹時血糖100mg/dL以上、HbA1c5.6%以上)は、男性38.2%、女性19.5%で、男性が高い傾向にある。
何らかのリスクを持つ人を積算すると、全体の61%になっていました。

高リスクの人ほど医療費がかかっている

また、2014年度の特定健診受診者で、翌2015年度の医療費明細と紐づけることができた156万8373人について、健診結果と疾病の発生状況の関係を見てみると、「健康リスクなし」と「健康リスクあり」とでは、かかった病気に大きな違いがあることがわかりました。

「健康リスクなし」の人では、鼻炎や目の病気、気管支の病気が上位を占めるのに対し、「健康リスクあり」の人は、血圧、脂質、血糖いずれのリスク保有者でも、「本態性高血圧(症)」が最も多いほか、生活習慣病関連の疾病が上位を占めました。

がん、循環器疾患、糖尿病など生活習慣病は、運動・食生活・休養・喫煙・飲酒など生活習慣を見直すことにより、疾病の発症・進行が予防できるといわれています。血圧、脂質、血糖の値が基準値を超えていることがわかったら、早い段階から生活習慣を見直して、生活習慣病を予防しましょう。

<こちらの記事もおすすめ>

噛む「回数」より大切なのは「効率」 メタボになりにくい食べ方があった

高齢者の血糖値変化 友達と会う回数が影響する

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年12月3日

暮らし

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

「生活に不便があるけれど、ちょっとしたことだから頼むのは気がひける」と思うことはありませんか? とても簡単なことだと電球の交換や大きなものの買い出しなど。こうした身の回りのささいな...
関連記事
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...
2017年9月21日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】加賀百万石 石川の難読地名いくつ読める?

北陸新幹線が開通し、注目を集める石川県。江戸時代に花開いた加賀百万石文化が今なお根付いており、日本3名園のひとつ「兼六園」をはじめ、藩政期の面影をとどめた美しい街並みなど、...
2017年9月20日

元気のヒント

台所で排泄物並みに汚染されているものは… 一番綺麗にしておきたいスポンジだった

家庭で使用されたスポンジを調査すると 食器を洗うためのスポンジには多数の菌が繁殖していることはよく知られています。 除菌スプレーを吹きかけたり、熱湯消毒をしたり、除菌が...
2017年9月19日

元気のヒント

夏バテを引きずって「秋バテ」にならないために、今すぐ対策を

「秋に不調」4割 「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が20~50代の男女858人を対象に実施した意識調査によると、およそ4割の人が秋に不調(秋バテ...
2017年9月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】9月17日――40歳を過ぎたら、ABI検査を受けよう

血管が詰まる、膨らむ、破れる 9月18日は敬老の日。そして、前日の17日は、日本心・血管病予防会が制定した「心・血管病予防デー」です。脳梗塞や心筋梗塞、狭心症など、心臓や血管...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円