メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V82
 

【けんこう歳時記】4月4日――手遅れになる前に・・・ 歯周病の検診を

60代の2人に1人が重度の歯周病

成人のおよそ8割が罹患していると言われる歯周病。歯の周囲の組織(歯周組織)が破壊される病気で、進行すると最悪の場合は歯が抜け、口の中だけでなく、さまざまな病気の原因になることがわかっています

厚生労働省の「2011年 歯科疾患実態調査」によると、歯周病は年代が上がるにつれて増え、60代になると、8割以上の人が歯周病を患っている実態が明らかに。軽度(歯肉炎)が35%、重度(歯周炎)が49%で、60代の2人に1人が重度の歯周病ということになります。

初期は痛みなどの自覚症状がなく、かなり進行してから歯科を受診する人が多いため、手遅れになるケースも。

そこで、歯周病予防の大切さを知ってもらいたいと、全国の歯科衛生士が立ち上げた「Goodbye Perioプロジェクト」が、4月4日を「歯周病の日」に制定しました。日付は、「歯(4=シ)周病」「予(4=ヨ)防」の語呂合わせと、本格的に活動を開始した日にちなんでいます。

心臓病や糖尿病にも関係している

歯周病の原因となるのは、歯の表面に付着した「プラーク(歯垢)」です。

プラークには数百種類の細菌が含まれていると言われ、放っておくと歯肉が腫れて弾力を失い、「歯肉炎」になります。進行するとダメージが広がり、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」ができて、「歯周炎」になります。重度になると歯の根がむき出しになり、最悪の場合は歯が抜けてしまうことも。こうなると食事や会話に支障が出るだけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす可能性があります。

これまでの研究で、歯周病が、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの心血管疾患や、糖尿病、リウマチ、肺炎などの病気に関係していることがわかっています。

初期であれば、治療によって症状をおさえたり、進行を防いだりすることができます。痛みはなくても、歯ぐきが腫れて出血がある、歯と歯の間にものがはさまりやすくなった、歯が長くなったように感じるなど、気になることがあったら、早めに歯科医を受診しましょう。

<こちらの記事もおすすめ>
【けんこう歳時記】3月24日――長引く咳や微熱…結核かも!
【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...
2017年9月21日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】加賀百万石 石川の難読地名いくつ読める?

北陸新幹線が開通し、注目を集める石川県。江戸時代に花開いた加賀百万石文化が今なお根付いており、日本3名園のひとつ「兼六園」をはじめ、藩政期の面影をとどめた美しい街並みなど、...
2017年9月20日

元気のヒント

台所で排泄物並みに汚染されているものは… 一番綺麗にしておきたいスポンジだった

家庭で使用されたスポンジを調査すると 食器を洗うためのスポンジには多数の菌が繁殖していることはよく知られています。 除菌スプレーを吹きかけたり、熱湯消毒をしたり、除菌が...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円