メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【けんこう歳時記】4月4日――手遅れになる前に・・・ 歯周病の検診を

60代の2人に1人が重度の歯周病

成人のおよそ8割が罹患していると言われる歯周病。歯の周囲の組織(歯周組織)が破壊される病気で、進行すると最悪の場合は歯が抜け、口の中だけでなく、さまざまな病気の原因になることがわかっています

厚生労働省の「2011年 歯科疾患実態調査」によると、歯周病は年代が上がるにつれて増え、60代になると、8割以上の人が歯周病を患っている実態が明らかに。軽度(歯肉炎)が35%、重度(歯周炎)が49%で、60代の2人に1人が重度の歯周病ということになります。

初期は痛みなどの自覚症状がなく、かなり進行してから歯科を受診する人が多いため、手遅れになるケースも。

そこで、歯周病予防の大切さを知ってもらいたいと、全国の歯科衛生士が立ち上げた「Goodbye Perioプロジェクト」が、4月4日を「歯周病の日」に制定しました。日付は、「歯(4=シ)周病」「予(4=ヨ)防」の語呂合わせと、本格的に活動を開始した日にちなんでいます。

心臓病や糖尿病にも関係している

歯周病の原因となるのは、歯の表面に付着した「プラーク(歯垢)」です。

プラークには数百種類の細菌が含まれていると言われ、放っておくと歯肉が腫れて弾力を失い、「歯肉炎」になります。進行するとダメージが広がり、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」ができて、「歯周炎」になります。重度になると歯の根がむき出しになり、最悪の場合は歯が抜けてしまうことも。こうなると食事や会話に支障が出るだけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす可能性があります。

これまでの研究で、歯周病が、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの心血管疾患や、糖尿病、リウマチ、肺炎などの病気に関係していることがわかっています。

初期であれば、治療によって症状をおさえたり、進行を防いだりすることができます。痛みはなくても、歯ぐきが腫れて出血がある、歯と歯の間にものがはさまりやすくなった、歯が長くなったように感じるなど、気になることがあったら、早めに歯科医を受診しましょう。

<こちらの記事もおすすめ>
【けんこう歳時記】3月24日――長引く咳や微熱…結核かも!
【けんこう歳時記】――3月12日から「世界緑内障週間」

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...