メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【ダンス】定年で封印が溶ける! TORIさんBボーイ天野さんに見る好きなことを追求する生き方

「若い頃のように動けなくなってきた…」「最近妙に段差でつまづくようになった」という悩みを抱えるシニア世代は多いもの。今年の夏に発表された健康論文が老年以外の常識をくつがえすかもしれないってご存知でしたか?2017年11月1日に放送されたNHK「クローズアップ現代+」において、驚きの内容が放送されたのでご紹介いたします。

老年医学の常識をくつがえす!? シニア世代こそヒップホップダンス!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「いくつになっても、自分は変えられる」衰えが避けられない「敏捷性」も成長する?

「加齢による衰えが避けられない」とこれまで考えられてきた「敏捷性」。しかし、この敏捷性は、あることをするだけで20代レベルにまで回復するという論文が発表されたことで、老年医学会が驚いています。
あることとは「ヒップホップダンス」。激しいビートに合わせ踊るヒップホップダンスが、転倒予防や安全運転などにつながる「敏捷性」回復につながるというのです。
若い人だけのもの、と思われがちなヒップホップダンスですが、近年若者と踊る動画が世界で評価され、人に認められる喜びを知った専業主婦や、ブレイクダンスに引退後の生きがいを見つけた元教師など、シニア世代から注目を集めています。
11月1日放送のNHK「クローズアップ現代+」では、シニア世代のキレあるダンスをSNSで募集。視聴者とEXILEのÜSAさんたち審査員が投票で選んだ3組が紹介されました。同番組内では生ダンスの披露も。
番組内では50歳になったばかりのNHK人気キャスターの武田真一さんがダンスに挑戦しました。人生初のヒップホップダンスのようで、ダンスは大学生時代にディスコで踊って以来なんだとか。

50代からのヒップホップダンスで心も体も健康に! 生き方が変わった人も

番組内で特に注目されたのは、50代、60代のダンサーで、若い人に引けをとらないどころか、牽引するほどの踊りっぷり。
科学的、医学的にも注目されるヒップホップダンス。なぜ注目されているのか、というとヒップホップを踊る人たちの身体能力が驚異的に高いこと。ヒップホップダンスは、健康に結びつくことがわかったからなんです。若い人と交流したり、趣味仲間と交流したりすることで、体だけではなく、心までも健康になる人多数。心身ともに健康になった人は、生き方にも変化が出始めました。

生き方が大きく変わったのは10月半ばに大阪で開かれたダンスバトルの中で、大活躍した62歳のTORIさん。
TORIさん(62歳)がヒップホップダンスをはじめたのは、なんと50歳なんだとか。今ではダンスを通じ、若者たちとチームと呼ばれるグループを組み、世界的なヒップホップのスーパースター「ブルーノ・マーズ」からも絶賛されるほどに。
日中はダンスにかかる費用を稼ぐためにパート勤めをし、夜はダンスの練習。若者たちと朝方まで踊るなんてこともあるんだとか。TORIさんはダンスを続けるなかで、最初は恥ずかしかったと語ります。年齢もそうだし、体も動かない、「なんだこの人」とみられるんじゃないか、という恥ずかしさがありました。しかし、徐々に「お母さんは『こうあるべき』とか、主婦は『こうあるべき』といったことは気にしなくなった」といった世間体を気にしないように。
30代のダンス仲間からは「TORIさんは見るたびに踊りがよくなっている。負けられない」、40代のダンス仲間からは「嫉妬の対象。いちばんかっこいい」と賞賛の言葉の数々が。

69歳の「Bボーイ天野」さんはブレイクダンスを披露。
天野さんは「定年で封印が溶けたよう」「好きなことをやる生き方になり生活が変わった」「スマホでダンス動画を見ながら練習している」「新しい世界を知った」と生き生きと語り、奥さんは「ちょっとハマりすぎね」と笑っていました。

62歳の「かっちゃむず」さんはピップホップダンスを披露されました。

「いくつになっても、自分は変えられる」と信じ、好きなことをとことん極める姿勢こそが、若くあり続ける秘訣なのかもしれません。

ヒップホップダンスでつまづき解消!

冒頭でお伝えしたヒップホップダンスが敏捷性が高まるという研究データについて、最後にご紹介さあせていただきます。
論文を発表したのはスポーツ科学の研究者で、岐阜大学の春日晃章教授。敏捷性が向上することでつまずきにくく、転びにくくなるそうです。
春日教授が検証したのは、岐阜県多治見市でヒップホップダンスを踊るチーム「TGK48(たじみ・げんき・こうれいしゃ)」。平均年齢69歳のこのチームでは、驚きの結果が出たそうです。
検証方法は、明かりが点灯したらジャンプし、少しでもマットから離すということ。これで「全身反応時間がわかる」といいます。この全身反応時間は、60代だと平均0.5秒以上。しかし、TGK48のメンバーは0.3秒台、0.2秒台を連発。このデータはアスリートより速いというのです。
皆若い頃からヒップホップをやっていたわけではないというTGK48。なぜこのような結果が出たのでしょうか? 春日教授によると「アップテンポな音楽を使うことで、日常的な速さを体験する。そして、音楽に合わせ無くてはならない。合わせよう合わせようとする努力がトレーニングに結びついている」とのこと。社交ダンスよりも低音が効いているヒップホップの方が、体が自然に動くということです。

最近つまずくことが多くなり、ケガをすることが多くなったこれまで以上に体の変化は大きなものになるはずです。そうした悩みを楽しく解消できるヒップホップダンスを始めてみませんか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
関連記事
NEW!
2017年12月8日

スポーツ・ レジャー

靴から始めるウォーキング。膝の痛み外反母趾などのトラブルを減らすシニア向けシューズ

「歩くと足が痛くてつらい…」「どんどん歩くのが苦痛になってくる」。今まで一生懸命働いてきたシニア世代ならではの悩みが足について。痛くなく歩けるウォーキングシューズがあれば、ウォーキ...
2017年11月29日

スポーツ・ レジャー

【ドラム】脳トレになるドラムエクササイズがブームの兆し

「なんだっけ、あれ、あれの名前・・・」人や物の名前がとっさに出ないことがあると、「このままボケてしまったらどうしよう?」そんな思いがよぎってしまうこともあるかもしれません。認知症を...
2017年11月29日

スポーツ・ レジャー

足がもつれにくく外反母趾も痛くない高機能でおしゃれなウォーキングシューズ5選

「最近趣味でウォーキングを始めたけど、あの人の靴オシャレだなぁ」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか? 「外反母趾でも痛くないように」「運動効果を高めて」「足元がもつれに...
2017年11月27日

スポーツ・ レジャー

もしスポーツを楽しめるなら誰と行く?一緒に行きたい芸能人ランキング【シニア】

「あの芸能人と一緒にゴルフをしてみたい」「公園で一緒にウォーキングを楽しみたい」「自分の憧れの芸能人と一緒に好きな運動をやってみたい!」と、おそらく誰もが一度は考えてみたことがある...
2017年11月27日

スポーツ・ レジャー

若い頃に憧れていたカッコイイを今叶える【スポーツカー】

「いろいろなところに旅行に行きたいな」「せっかく行くなら道中も楽しく行きたい」と考えるシニアが急増中! なんと60代・70代のシニア世代に今、スポーツカーが売れているんです。しかも...
2017年11月25日

スポーツ・ レジャー

いまさら聞けない「ニンテンドースイッチ」ってどんなゲーム機?【シニアの常識】

「孫が最近どんなゲームをやっているのかわからない。一緒に楽しめるなら楽しみたい」という60代・70代のシニア世代。現在ではゲームボーイやニンテンドーDSなど携帯ゲーム機と、ニンテン...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円